2010年01月10日

芸人パパの楽しい育児論

with goli.JPG

昨日は育児雑誌の企画で、お笑いコンビ、ガレッジセールのゴリさんと「パパ対談」をしました。

彼は年齢はボクより10若いが、6歳(男)、4歳(女)のパパ。
その、子煩悩ぶりは有名だったらしく、「父親の子育て」についての取材はウェルカムだったようです。

話を聞けば、ゴリパパは立ち会い出産から、日々のオムツ換えやお風呂、遊びまで育児全般を楽しくこなすそうで、

「家族を早く持ちたかった」
「子ども、可愛くて仕方ないんですよ」

と、最初から父親OSがアップグレードされていたようです。

そして話の中でボクがもっとも感心したのは、彼は子どもが生まれてからは「いつも一緒にいたい」と思い、仕事と育児のバランス(時間管理)を自発的に行っているところでした。

「芸能人は相当忙しいように思いますが、よく子育て時間が取れますね?」

「番組後にビール飲みに行かなければ、芸人も早く帰れるんです」

ゴリパパは、子どもが生まれてから仕事後の「打ち上げ」にはほとんど行かなくなったそうだ。

「子どもの存在って本当に素晴らしいんですよ。すごい可能性をたくさん持ってるんです!僕はそれをいつもそばにいて応援してあげたいんです!!」

そう笑顔で熱っぽく語る彼は、根っからのファザーリングパパでした(嬉)。

最近、彼や、育休取得中のつるの剛士など、子育てを楽しむタレントパパが登場してきたことは、一般のパパにとってもいい刺激となることでしょう。

もちろん、FJの事業にとっても大きな追い風です手(グー)

p.s.
ゴリパパとボクの対談の様子は、2月中旬頃発売の雑誌『のびのび育児〜臨時増刊号』(PHP研究所)でお楽しみください本


posted by イクボスブログ at 11:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする