2010年04月10日

父親支援とCRM

さんきゅーパパプロジェクトに、続々と企業協賛が増えています。

育休パパ&家族に商品(子育てグッズ)を提供してくれたり、赤ちゃんと泊まれるホテルのスイートルーム無料宿泊券をプレゼントしてくれたり、パパ向け育児雑誌の年間無料購読などさまざまです。

中でも出色なのが、その企業の商品やサービスをユーザーが使うことで得た利益の一部をさんきゅーパパプロジェクトに寄付するという仕組みを導入してくれた企業です。

★ネットスーパーを体験するだけで、「さんきゅーパパプロジェクト」を支援できます!

これがそうです。

サミットという企業からの提案で実現したのですが、ネットスーパーを体験すると「さんきゅーパパプロジェクト」の活動に対して一人当たり1000円の寄付が発生し、さらに協力いただいたユーザーにも500円のクーポン特典がプレゼントされるexclamationというものです。

いやあ、考えましたねー。

そう、いま多くの人が「社会貢献したい」というニーズを持っているけど、自らがNPO活動やボランティアをやるだけの余裕はない。

そういう人にとって、購買やサービス利用だけで自分が興味ある社会事業を手掛けるNPOなどに、自動的に寄付ができるという支援システムなのです。

すでに知っている方も多いと思いますが、おさらいで説明しておくと、このような取組みのことをCRM「コーズ・リレーテッド・マーケティング(cause related marketing:以下CRM)」と言います。

つまりCRMとは、製品の売上によって得た利益の一部を社会に貢献する事業を行っているNPOやNGOなどの組織に寄付する活動を通して、売上の増加を目指す企業と非営利団体との社会変革アライアンス(同盟)のことです。

両者のメリットとしては、企業には販売促進に加えて「社会的貢献を行う企業」としての認知が獲得できるというメリット。

NPOには活動資金を獲得できると同時に、自身の活動をより広く世の中に知らしめることができるというメリットがあります。

コーズリレーテッドマーケティングの例としては…

・エイボンによる「乳がん撲滅キャンペーン(ピンクリボン)」
・アメリカン・エキスプレスによる「自由の女神修復プロジェクト」
・アサヒスーパードライによる「野崎島環境保全プロジェクト」

などが有名ですね。

こういう仕組みは寄付文化のない日本では、これから増えてくるように思います。

企業も利益追求だけでなく、良き企業市民として社会貢献活動の一環としてどんどん行なっていって欲しいものです。

そして、FJの父親支援事業の理念とミッションに共感いただける企業の登場にも期待しますexclamation

「父親が変われば、社会が変わる」

男性の働き方を変えれば、日本の子育てが変わります。

それを考え実行した企業だけが「少子化の加害者」と呼ばれる群れから抜け出せます。

そして良い人材が採れる、働き甲斐のある企業になっていくでしょう。

経営者の皆さん!一日も早くCRMとファザーリングの導入をexclamation×2

posted by イクボスブログ at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FJミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

スクール3期は、プレパパがいっぱい!

Fschool_3_0.jpg

昨日から、ファザーリング・スクールの第3期がスタートしました!

場所(教室)はカルチャースクール産経学園が東京・銀座に新規オープンした「銀座おとな塾」。開催が月2回(毎月第一、第三水曜)に変更になりました。

★第3期カリキュラムはこちら。

さて、Fスクール3期は10名の受講生でスタートしましたが、なんとそのうち6名がプレパパ(もうすぐ子どもが生まれる予定の男性)。

入校の動機を聞いたらその多くが、

「妻に『行ってきなさい』と勧められたから」

だそうです。^^;

そう、2期生までは割と「自分で申込みました。」という男性が多かったのですが、やはりPRがだいぶ効いてきたということでしょうか?

ぜひ、さんきゅーパパプロジェクトにも果敢に応募して欲しいですね!

また、今回も 独身男性が2名!います。

「将来に備え、父親の役割や楽しさを学んでおきたい右斜め上

というのが受講理由だそうです。

やはりこれからの、オトコの婚活の切り札は育児力(パパ力)に、間違いないようです!

プレパパ&婚活中の男性の皆さん!

ファザーリング・スクール第3期は、まだ受講生募集中!

次回は、4/21(水)の19時〜です。

お申込み、お待ちしています!!
(ママからのアシストもよろしくですわーい(嬉しい顔)

posted by イクボスブログ at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | FJ事業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

娘とパパの未知なる世界

sera0001.JPG

昨日は、娘テルノの中学入学式でした。

4月だというにのまだ肌寒い気候の中、朝二人で「何組かな〜?」などと話しながら学校へ向かいました(妻はサトシを保育園に送った後に合流)。

娘は心待ちにしていたようです。不安もあるだろうし、新しい制服はまだちょっと大きいけど、中学という未知なる世界へ行く喜びが表情から溢れていました。

そう、ボクもきょうから中学生の親です。きっと小学校とは違う展開が待っているのでしょう。中学でもいろいろ活動して勉強したいし、地域のナイスなパパ友に出会えるといいです。

nyugaku0004.JPG

学校の玄関で娘と別れ(娘は決定したクラス教室へ)、ボクは校庭を通って会場の体育館へ。

nyugaku0007.JPG
既にたくさんの保護者が来てる。えーっと、父親の出席率はだいたい4割か。うーん、やっぱり卒業式より少ないなー。

nyugaku0005.JPG
玄関でもらった書類の中に学校の「年間行事表」を発見exclamation
さっそく、マイ手帳に保護者会や授業参観などの予定を書き込む。
これが、ファザーリング流ワークライフバランスの基本です。

ぴかぴか(新しい)

nyugaku0006.JPG
式は粛々と進み、約1時間で終了しました。

先日の卒業式では号泣してしまいましたが^^;、今日は終始笑顔で(余裕で)娘や子どもたちの姿を見届けることができました。

そしてその後は、保護者だけ残って担任教諭の紹介が。

娘のクラス担任は社会の先生かー。自分が中学の時、社会の先生に対してはいいイメージがあるので「良かった」と思う。社会の先生って、話が面白いんだよね。歳はボクと同じくらいかな?

それからPTAからの説明会。会費納入の仕方や諸々の連絡事項。主要行事の確認など。

で、ここからが本番。

本年度の クラス役員決め  が、待っていたのだ。

まず本部役員さんが、各委員会の内容(手間の度合い)と必要人数などを説明。

「では立候補でお願いします。どなたかやっていただけませんか!?」

「シーーーン」

「PTAは皆さんのご協力がないと成り立ちません。ぜひ積極的にお願いします!!」

「シーーーン」

やれやれ、いつもの光景だ。

そりゃ、いろいろ仕事や家庭の事情もあるだろう。でも本部役員さんも言ってるように、委員の役割を担うと「学校のことがよく分かるように」なるし、先生とも仲良くなるし、学校にも愛着湧くし、パパ友だって出来やすいんだよね。

小学校のPTA経験でそれが分かってるから、速攻で手を挙げたいところなのですが、すでに22年度もFJの地方出張などが目白押しで土日は東京にいないことが多い。

なので安易に引き受けてしまうと逆に迷惑がかかるし、小学校も継続で特別委員やってるし、サトシ(2歳)もまだ手がかかるので、妻からは「なるべく家にいて欲しい。くれぐれも安請け合いしないように!」と釘をさされていたのです。

「どなたかいませんか!?」あせあせ(飛び散る汗)

本部役員さんの声が虚しく体育館に響く。。

やっとパラパラと「これならできそうなので…」と手を挙げる人が出始めた。広報委員はあるパパが引き受けることに。えらいぞー。

「○○さんが広報委員を引き受けていただけることになりました!」

パチパチと拍手がわく。本部役員さんも、うれしそうだ^^;

でもまだ、クラス委員(副)指名委員の枠が決まらない。

時間はもうすぐ12時を回ろうとしている時計。これが決まらないと、子どもらとの記念撮影もできないし(←うまく流れ作ってるね)、帰れないのだ。

「どなたかお願いしますっ!!!」むかっ(怒り)

本部役員さんのガマンも限界だ。

でも多くの母親たちは目を伏せ、頑なに身を縮めている。
少数残っている父親たちは「オレ、関係ないし」みたいな顔だ。

そんな神経戦に耐えられなくなってきたボクは、同様にシビレを切らしている妻に、「指名委員ならそれほど忙しくなさそうだから、やってもいいかい?」と尋ねた。

「仕方ないわね、これじゃ。 いいわよ」

「ハイ手(パー)やります!指名委員!!」

その後、クラス委員(副)も決まり(同じ小学校出身で仲の良いママがやはりシビレを切らして挙手した)、やっとのことで記念撮影カメラが出来たのでした。

帰り際に、

「安藤さんって、K小の会長さんでしたよね!じゃあ、来年はぜひ本部で!!」

本部役員さんの情熱は、尽きないのです。

こうして、ボク(安藤パパ)の中学パパライフが始まりました。
これからどんなステージが待ってるか!?期待140%です。

父親であることを、中学でも楽しもう。ロックしようっと!爆弾


posted by イクボスブログ at 00:20| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | My Fathering | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

パパ'sファッションのビフォーアフター

papa_f0020.JPG

きょうは大阪でユニークなファッションショー、「パパをかっこよくするファッションショー」が開催されたので行ってきました新幹線

papa_f0021.JPG
主催はFJ法人会員の千趣会(ベルメゾン)。FJは後援に入りました。

papa_f0001.JPG
まずはこの春創刊になったメンズカタログ『メンズ暮らす服』の男性編集長がコメンテーターで登場。

papa_f0002.JPG
さてファッションショーがスタート!
まずは「before」編として、10人のパパたちが普段着で登場しました。

papa_f0005.JPG
子どもたちの前でポーズをとるパパ。でも編集長からは「サイズが大きい」「色合いが暗い」「シャツをズボンに入れてしまう」「無難すぎて面白くない」など辛辣なコメントが飛ぶ^^;

papa_f0004.JPG
「うちのパパ、大丈夫かなぁ」。子どもたちもちょっと不安&退屈な感じです。

ひらめき
papa_f0006.JPG
そしていよいよ「after」編。裏でプロのファッションコーディネーターに選んでもらった服に着替えたパパたちがまた一人ずつ登場。

papa_f0009.JPG
スッキリ!して明るいイメージに変身したパパたちを見て、会場からは「おお!」というドヨメキがexclamation

papa_f0007.JPG
シャツもパンツから出して、なんと素足にローファーです!軽やか!!

papa_f0008.JPG
子どもたちも思わず「パパに着せたい!カード」を掲げていました!

papa_f0010.JPG
極めつけはこのパパ。画像はbefore時。いつでもどこでも「ジャージ」だったそうですあせあせ(飛び散る汗)

papa_f0011.JPG
それがなんと!おしゃれパパに大変身ぴかぴか(新しい)
ママたちも思わず、目を見張っていました@@

papa_f0012.JPG
10人のおしゃれパパが勢ぞろい。司会から「いまどんな気分ですか?」インタビューカラオケ
「服が変わると気分も変わる」「違う自分が発見できてうれしい」「おしゃれってイイですね」なんて笑顔で答えてましたわーい(嬉しい顔)

papa_f0013.JPG
そしていよいよ審査。
子どもたちが、気に入ったファッションのパパに票を入れます。

papa_f0014.JPG
そして見事、3名の入賞者が決定〜演劇

papa_f0015.JPG
Queenの「We are the champion」をBGMに、会場をビクトリーウォークるんるん スマイル&足取りも軽ろやかです!

papa_f0017.JPG
ボクからは振り返りと総評を。

「オシャレしてパパも元気になって、子どもとの外出やコミュニケーションを楽しんで欲しい。ファッションと子育ては似ています。“無理をしない”“人に言われるままではなく、自分らしく”が基本ですよ。ママも子どもだけでなく、パパのファッションにも力を注いでください」

またワンポイントアドヴァイスとして、「そのスタイルいいけど、一張羅にしないで。シャツ、パンツ、ジャケット、靴…いろいろ揃えてコーディネートも楽しんでください。サングラス、マフラー、ベルト、アクセサリーなどのアイテムでアクセントも忘れずに。」と、伝えました。

あと言わなかったけど、やっぱり「腹が出ている」のは致命的。
だから『パパルール』にも書いたけど、

酒を飲んだ後のラーメンはやめましょう!
<パパさんたち

それにいまは不景気続きで元気のない父親が多いけど、おしゃれで気分転換すると気持ちも軽くなって笑顔が増えるんじゃないかな?

このエントリーにも書いたけど、いつだって子どもたちは(ママも)、野暮ったい服&暗い表情のパパではなくて、仕事も子育ても人生も楽しむオシャレでカッコいいパパが好きなんですよ!

papa_f0019.JPG
子どもと一緒に記念撮影カメラ みんなニッコリ。
思い出深い、春休み最後の一日でした〜end

yahooのヘッドラインでも記事が出ました!

posted by イクボスブログ at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育休中に身につけよう!パパごはんのチカラ

ryouri.jpg

さんきゅーパパプロジェクトのPRイベントとして、育休中にパパが
「産後料理の作り方」を学べるセミナーを開催します!

母親にとって産後一ヶ月は出産の疲れ、慣れない赤ちゃんの世話でヘトヘトになりがちです。

また産後一ヶ月は骨盤が元に戻る大切な時期でこのとき無理をすると、母親の心と体に負担がかかり、その後の育児や更年期にまで悪影響を与えると言われています。

母親がなるべく赤ちゃんへの世話に専念でき、穏やかな気持ちで日々を過ごせるようになるには、父親の協力が不可欠。だからパパも産休(育児休業)を取りましょう(さんきゅーパパに応募しよう)。

しかし料理がまったくできない(習ってこなかった・やらせてくれなかった)新米パパは、ママのためにごはんを作ろうとせずコンビニに弁当を買いに行くなんてことも。油分・添加物の多いコンビニ弁当は乳腺が詰まる原因にもなり、母乳がうまく出ないママはそのことで気持ちが塞ぎこんでしまうこともあるようです。

ママと赤ちゃんのために、産後はパパが野菜中心の美味しいごはんを作る。これがなによりのサポートで加えて夫婦の絆も強まるし、パパ自身の生活力向上・健康にも繋がるとFJは考えています。

なので、産休(育休)を取っている又は取ろうと考えているパパは、ぜひ参加ください!(プレパパ、新米パパも参加可です)

★さんきゅーパパ産後料理セミナー
・日 時:2010年4月25日(日)10:30〜15:00
・場所:アカデミー向丘 実習室(東京都文京区向丘2−5−7)
・内 容:
第1部 レクチャー「産後ママがパパに望むこと」越川理恵子(助産師)
第2部 クッキング「おいしいおっぱいを作るパパごはん」
料理講師:鳥海明子(調理師・国際薬膳師)ちいさな薬膳料理教室「鳥の巣」主宰。
・参加対象者:育休中・育休取得予定の男性、プレパパ、新米パパ、独身男性など。
※夫婦参加OK。ご飯が出来た後一緒にパパごはんを食べます。
・定員:15名(組)
・参加費:2,000円(材料費込・一家族分)※当日お支払
・当日持参品:エプロン、三角巾(バンダナ等)
・お申込み:お名前、ご連絡先を明記の上、sankyu@fathering.jp までメールでお申し込みください。

※プレパパ向け産後料理セミナー(昨年開催)の様子

posted by イクボスブログ at 07:20| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | セミナー・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

FJQの船出は順風満帆&満員御礼

昨日は、ファザーリング・ジャパン九州(FJQ)設立イベントで福岡県・太宰府市に行ってきました!飛行機

fjq006.JPG
場所は、地元では有名な絵本専門店「あっぷっぷ」さん。

fjq0005.JPG
スタッフの感性が伝わる棚づくり。思わず書店員スピリットがたぎります。

fjq0004.JPG
イベントスペースを貸していただきました!こりゃ、やりやすそうだネ!!

イベント
午後2時。会場はたくさんのファミリーで埋まりました。

CIMG2924.JPG
オープニングアクトは、FJ西村パパの甥っ子、にしむらたくまクン(9歳)のロックンロールショーるんるん

その後、パパたちの絵本ライブがスタート!

fjq0007.JPG
まずはFJ会員・薬剤師で2児のお父さん、中村パパが登場。
読んだ絵本は『きんぎょがにげた』&『うんちっち』。(中村パパは「こそだて」でコラム『メディカルパパの薬基礎講座』を連載中です)

fjq0010.JPG
続いて、小津パパ。読んだのは『パパ、おつきさまとって』。
奥さんもいらしてたので最初はちょっと緊張気味でしたが、娘さんの笑顔を見てリラックスした様子。ちゃんと家で読んでいるのが分かりました。

fjq0011.JPG
3番手は宮原パパ。読んだのは『3匹のかわいいオオカミ』。
ブタとオオカミが入れ替わっちゃう奇想天外な話に子どもたちは夢中でした。

fjq0012.JPG
そしてシンガリはボクが務めました。
読んだのは十八番『わゴムはどのくらいのびるのかしら?』&究極のホラー絵本『うえきばちです』。
笑い取れて、よかった〜手(チョキ)

絵本ライブ本終了後、FJQ設立の記者会見。
メディアは新聞社3社、雑誌社1社、テレビ局1社が来てくれました。

まずはボクから、FJの活動履歴について説明。そしてFJ九州を立ち上げた理由を話しました。

その後、FJQの3人のパパに、

・九州で父親支援することのハードルは?
・育児に積極的に関わって良かったと思う点は?
・仕事と育児のバランスをどう取っているか?

などの質問が次々に飛んでました。

fjq0014.JPG
質問に真剣に答えるFJQのパパたち。

ボクには女性の記者さんから、「九州のパパたちが育児を楽しめるために、母親たちができることは何ですか?」という質問が来たので、“門番としての母親”の話をしました。九州にも多いんじゃないかな??

まあそのあたりの課題解決は、九州の母親支援のNPOさんと連携してやっていきたいですね。

そして最後に、FJQの今後のスケジュール

・九州パパサミットの開催(6月予定)
・パパとキッズのキャンプ(8月予定)


をお知らせして会見は終了しました。

今後、メディアにも出ていろいろ動きも出てくるでしょう。

既に、大分県などから「九州パパサミット」への参加表明なども来初めています。

イベント後の打ち上げ懇親会には、会場にいた地元のパパ(30歳)も来てくれてすっかり打ち解け、FJQに入ってくれそうでしたわーい(嬉しい顔)

今後の展開が楽しみです!

どうぞFJ九州(FJQ)を、よろしくお願いします!
posted by イクボスブログ at 14:23| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | FJミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

さよなら!ボクとパパの保育園

きょうからサトシ(2歳)の保育園が変わります。

昨年度4月、認可園待機児童だったサトシは8月に新設された近所の認証保育所に通っていましたが、今年度、近所の認可園に入園できることになったので転園したのです(この保育所では約半数の人が転園したとのこと)。

上の子、テルノ(12歳)とヒロシ(9歳)はずっと同じ認可園に通っていたので、認証園での生活は当初少し不安だったのですが、まったくの杞憂でした。

この園の保育環境は「園庭がない」ことを除けば、認可園にも劣らないものでしたし、いわゆる「保育の質」もきちんとキープされていました。

比較的若い保育士さんが多いのですが(男性も3名!)、皆さんとても子どもたちを可愛がってくれたし、仕事への熱意もしっかり伝わってきました。

また、ふだんの生活で準備するもの(オムツ、スタイ、タオル等)が少ないので、朝など時間がないときも預けてすぐ仕事に行けるので助かってました。

ボクはほとんど毎日送迎をしていたので、多くの親子をウォッチしてましたが、どの家庭も園に対する満足度は高かったようにみえましたね。

妻も言ってましたが、ある意味、認証園の(この園は特に高いのかもしれないが)、この「サービス精神」「フレキシビリティ」は、規則ガチガチの認可園は逆に学ぶべきなんじゃないかと思います(まあ利用料はそれなりに高いのですが)。

特に保育士の年齢構成。認証園は当たり前だけど若い先生が多い。そうすると「遊び」にもダイナミズムが出て、子どもの成育(特に年長の子)には良いと考えます。

逆に認可園は逆ピラミッドで高齢(失礼!)の保育士が多く、ベテランへの安心感はあるが、「遊び」の面やフレキシビリティでは不満が残るのです(上の子が行ってた認可園では「お散歩」の回数が明らかに当初に較べて減ってました)。

また、保護者や地域との関わりについても、そう感じます。

テルノやヒロシが一緒のときも気さくに子どもたちに声をかけてくれました。

また、3/18に園の保育時間に開催された「お楽しみ会」で、子どもたちを前に「安藤パパの絵本ライブ」をやらせてもらいましたが(退園後も『また来てください!』と誘われている)、認可園では普通なかなか通らないでしょう(父母会主催で呼ばれるケースはあるが)。

まあ、一概に認可園と認証園のメリットデメリットは明確に言えないのですが、両方に通って初めて見えてきたこともあったので(こういう人もあまりいないと思うので)、述べた次第。

今日からは、みたび認可園生活が始まるので以前とは違うそういう視点を持って通いたいと考えています。

でも、もう少し保育所を一元化できないものですかねえ。

そもそも認可→認証→無認可というヒエラルキーができているのはおかしなこと。だって子どもの大切さ、質の高い保育の必要性はみんな一緒なんだから!むかっ(怒り)

このエントリーでも述べましたが、保育問題等の子育て支援を抜本的に改革しないと、ママたちの離職と少子化は一向に減らないと思いますよ。

今は、待機児童問題があるから過渡期なんだろうけど、ぜひ行政はスピード感持ってやって欲しいですね。

ぴかぴか(新しい)
何はともあれ、7ヶ月間という短い期間でしたが、この保育園での生活はサトシとボク&妻にとって、思い出深いものになりました!数冊の連絡ノートや数十枚の写真は大切な宝物です。

「サトちゃんがいなくなると、さびしいですたらーっ(汗)

昨日(3/31最終日)のお迎え時には、サトシが大好きだった担任の先生が泣いてしまい、ボクも胸が熱くなりました。

この園は「利用登録」はずっと活きているので料金さえ払えば、「一時預かり」はいつでもOKとのこと。これも助かります〜。

今後も近所なので、ときどき成長したサトシの姿を見せに来ようと思います。きっとサトシも、来たいよなあわーい(嬉しい顔)

P_hoikuen0001.JPG
サトシを可愛がり、育ててくれて、本当にありがとうございましたexclamation×2

posted by イクボスブログ at 14:22| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | My Fathering | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする