2010年05月12日

Go!Go! さんきゅーパパ(イクメン)

改正育休法の施行(6/30〜)が間近なので、新聞などメディアで関連記事が目立ちますペン

これなんかりアルでいいですね〜(九州じゃん!)。

★イクメンすてきです黒ハート
http://mytown.asahi.com/fukuoka/news.php?k_id=41000761004270001

5/8(土)朝日新聞beには、「男性の育休義務化に賛成?」という記事。

ご覧になりましたか?記事は読者アンケートに基づいたもので、なかなか興味深い内容。ボクも一応コメント出してます。

アンケート結果では、男性の幾級義務化に…

賛成が65% vs 反対が35%。

潮目が変わってきた感じがします手(グー)

女性の多くはそうだろうし、男性もある程度の給与補償とキャリア保証の確約があれば、多くは賛成なんじゃないでしょうか?

また同日の「beフロントランナー」には経産省時代に1年間育休を取った、山田正人さん(現横浜市副市長)が登場!

「かつては『国家』とか『国益』とか大上段の議論ばかりしていた。
だが、それを因数分解したら『家族の幸せ』に行きつくことを実感したことが育休の最大の収穫でした」

シビレますねえぴかぴか(新しい)

霞ヶ関の官僚や役所の人が皆さんこういう意識を持ってくれれば、日本の子育て・父親の育児参画も変わるんだけどなぁ。

さらに、昨日の毎日新聞にはこんな記事も!

★記者の目:男の育児協業=中西拓司(生活報道部)@毎日jp

ワーカホリックの代表選手のような印象のある新聞記者ですが、男性記者がこういう記事を書くようになったことは、時代の大きな変化ですねー。まあ、新聞社内の人(おじさん)たちは戸惑うでしょうが(笑)。

また同日の紙面(毎日)には、こんな記事もひらめき

文京区男性職員 初めての育休申請

おー、ついに職員第1号が出ましたか手(チョキ)

これも成澤区長が育休宣言→取得した影響でしょう。

この流れで庁内の空気が変われば、今年度、もう3〜4人は男性の育休取得者が出るんじゃないかな。

やっとわが街の父親支援も進みそうでうれしいですわーい(嬉しい顔)

飯館村や文京区だけでなく、全国1800の他の自治体でも追随して欲しいものです。

演劇
さて、FJのさんきゅーパパプロジェクトですが、現在申請者は6名です。

しかし上記のメディア情報は確実に意識の高いパパに届いているし、さんきゅーパパメルマガの登録数も増えてるし、法改正によって申請数は弾みがつくことでしょう。

またFJでは改正法施行に合わせ、前日の6/29(火)に緊急シンポジウムを開催することが決定!(前夜祭でするんるん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★さんきゅーパパ改正育児介護休業法施行直前シンポジウム

「改正育児介護休業法は男性の育休取得率向上の起爆剤になるか!?
〜行政・企業・家庭に与えるインパクト検証と日本の子育て環境改善に向けて〜」

日 時: 2010年6月29日(火)15:30〜20:00(開場15:00)
場 所: 女性と仕事の未来館(東京都港区芝5-35-3)
対 象: 企業の担当者および一般(定員350名)   
参加費: 無料 
主 催: NPO法人ファザーリング・ジャパン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いま登壇者を固めてますが、成澤文京区長の出席が決定しました!
内容詳細は、また近日中にお知らせします!

乞う、ご期待ですexclamation×2


posted by イクボスブログ at 22:12| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | FJミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。