2010年06月07日

育休パパのリーダーシップ

長野県の佐久市長(40歳)が、育児休業を取得する!と、発表しましたひらめき

★柳田佐久市長が「育休」取得へ 自ら体験し重要性発言へ(6/5信濃毎日)

わが町の文京区長に続いて、自治体首長の取得者おそらく第2号です。

佐久市のこれまでの男性職員取得者数(率)は定かではないですが、
文京区では区長取得後すぐに男性係長(40歳)が取ったことからみても、職場の空気を変え、取得率アップに大きな影響を与えるのではないでしょうか。

いまも昔もリーダーに求められているのは、こうした斬新なリーダーシップと、信条に基づいたブレない姿勢なのです。

佐久市長の市政運営方針はこちらですが、子育て支援にも力を入れているようで頼もしいですね。以前、パパ's絵本プロジェクトも佐久で絵本ライブを行ってます。

また市長のプロフィールはこちら
座右の銘が、ボクと同じ「和して同せず」ですねー決定

なんか「気が合いそう」ということで、早速、佐久市の秘書課にインタビュー取材(対談)を申し入れました。

育休を取ろうと決意した気持ち、リーダーの生の言葉、そしてパパにホンネを直に訊いてみたいのです。

うまく対談できたら、さんきゅーパパ公式サイトにアップしますので、
どうぞお楽しみにお待ちください!

さて、男性(パパ)の育休取得。

これで更に盛り上がりを見せそうです手(チョキ)

できれば自治体首長だけでなく、次は閣僚・政務官や国会議員、あるいは一部上場企業の社長とかで育休取得者が出ると勢いがつくのですが、誰れかいませんかexclamation&question

★関連記事 
The Japan Times(6/2)「BOOSTING THE BIRTHRATE-Parental leave still finds dads in huge minority」

★参加者受付中!さんきゅーパパシンポジウム



posted by イクボスブログ at 15:10| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | FJミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。