2010年06月27日

息子がかわいそう

先日、ある子育て支援NPO に呼ばれてファザーリングについて語りました。

そこで孫のいる60代の女性と話していたら、こんな会話になりました。

「離れて暮らす次男は小さい子がいるパパ。お嫁さんも働いているので、育児や家事をよくこなしているようですが、話を聞くたびにそんな息子がかわいそう!と思ってしまうんです」

「どうして、そう思うのですか?」

「だって、仕事で疲れて帰ってきて家事までやるんですよ!」

「息子さんの奥さんも働いてるんだから、やれる方がやればいいんじゃないんですか?」

「はい、そうですが、つい母親としてはかわいそうに思ってしまいます」

「息子さんは、あなたに愚痴を言ったりしますか?」

「いえ、ありません。」

「じゃあ何も心配ないじゃないですか。話を聴いただけですが息子さんは、正真正銘のイクメンですよ。きっと、ママやお孫さんもシアワセのはずです」

「ええ、安藤さんのお話聴いてそうは思うのですが・・・」

こんな会話でした。

聴けばこのご婦人は、お連れ合いを若くして亡くし女手ひとつで3人の息子を育て上げたとか。だからいつまでも心配なんでしょう。

でもパパが自分で選んだ道をもっと応援してあげてほしいし、家事・育児はなにか特別にスゴイことをやってるわけでもないんだから、ふつうに受け止めてほしいと思いました(お嫁さんを責めたりしてはいけません)。

親世代(ジイジ・バアバ世代)の意識改革は、パパの育児(ファザーリング)の環境づくりにとってやはり欠かせないな、と感じたセミナーでのひとコマでした。







posted by イクボスブログ at 12:09| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。