2011年09月27日

【FJ NEWS】2011/9/27号

――――――――【FJ NEWS】―――――2011/9/27号

みなさま、こんにちは。
NPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤です。

FJの公式Facebookページを開設しました!
http://www.facebook.com/fathering.jp

そして、FJ緊急フォーラムを開催します!
★『パパが発信する“子どもの被ばく問題”〜パパ・ママ・家族は放射能とどう向き
合えばいいのか?』
http://www.fathering.jp/activity/04.html
・日時: 2011年10月11日(火)18:30〜21:00(18:00開場)
・場所: 文京区民センター 2−A会議室(住所:東京都文京区本郷4−15−14)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
・定員: 200名 ※専門の託児所は設けませんが、乳幼児連れ承知のイベントです。
会場後方にシートを敷いてキッズコーナーを設置しますのでご利用ください。
・参加費: 1,000円(参加費の一部はパパエイド募金に寄付し、福島の子ども支援活
動に活かします)
・参加申し込み: Webの申込フォームから
http://www.fathering.jp/enquete/index.html

なぜメディアは放射線問題の多くを「母親」に語らせるのか?子どものことに関する事だと何故、主語が母親になるのか?

父親だってちゃんと考えてる人は多いはず。子どもを大事に思い、放射線から守りたいと思ってるパパはたくさんいるんです。

だからFJで、父親たちで考え発信する(もちろん母親の立場・意見も尊重しながら)フォーラムを開催するので、錯綜する情報を整理共有し、家族の安全や絆を守るために自ら判断し行動するために、父親をはじめ多くの方にご参加いただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週のトピックス〜マイタウン出産フォーラムを開催!
http://www.fathering.jp/sankyu/report/symposium3.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「里帰り出産」は日本では当たり前だけど海外ではやってない?
「里帰り離婚」が最近増えてるって本当?
産前産後の夫の役割、夫婦の協働がその後の子育てや家庭生活にどのような影響を与えるのか――。

フォーラムではバースセンス研究所の大葉ナナコ所長による基調講演と、里帰り出産を選択しなかったママパパによるパネルトーク。育児情報誌『miku』とFJさんきゅープロジェクトから、「里帰り出産」に関するアンケート調査の結果発表もあります。出産予定のあるご夫婦に教えてあげてください!

★「マイタウン出産フォーラム」―ママの出産、そのときパパは!?
〜家族で暮らす、地域で産む“マイタウン出産”(=地域出産)のススメ
http://www.fathering.jp/sankyu/report/symposium3.html
・日時: 2011年11月23日 (祝・水)14:00 〜18:00
・会場: 杉並保健所講堂(杉並区荻窪5-20-1、JR/東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口
から徒歩3分)
・定員: 60人(申し込み順)
・対象: どなたでも
・参加費: 500円 ※杉並子育て応援券利用可 
・託児: 一時保育あり(先着10人)お申し込み⇒ creo(くれお) 
Tel / Fax 03-3397-6884  Email; info.creo0707@gmail.com
・イベント参加お申込み: Webの申込フォームから
http://www.fathering.jp/sankyu/enquete/index.html
・お問い合わせ&取材お申込み:FJ事務局0505-8884-4252 gyoumu@fathering.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★パパ検定 出張サービスがスタート!
http://ando-papa.seesaa.net/article/226955370.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以前より「プチ・パパ検定」と称して、自治体主催の子育て支援系のイベントや企業研修でスポット開催してきましたが、方式がアナログ形式でしたし、認定証の発行もできなくて不完全でした。

で、いろいろ考えて、<マークシートで受験→その場でスグ採点→認定証発行(持ち帰り可)というフローを一括運営できるようになりましたので、FJの新サービスとしてリリースいたします。
自治体やNPO、企業の皆さま。今後の父親支援(パパ=男性向け)のイベント・セミナーや研修・講座企画にご活用いただければと思います!

★出張パパ検定サービスの詳細↓(PDF)
http://www.fathering.jp/pdf/papaken.pdf

★i-Phoneアプリも好評配信中!
http://ando-papa.seesaa.net/archives/20110809-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今後のFJ講演会・セミナー・イベント情報 (安藤出ます)
http://fathering-seminar.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★お父Ring沖縄・西原町主催 お父Ring大会in西原町
http://ikmen2011.ti-da.net/e3586753.html
@パパ’s絵本プロジェクト爆笑絵本ライブ
「お父さんの読む絵本は、でーじ面白い!」全3回!
・日時:2011年10月1日(土)、
・会場:@1日14:00〜西原町立図書館 A1日15:30〜さざなみ保育園 B2日11:00〜西
原町立図書館

Aパパ's絵本プロジェクトやゲストとの交流BBQ
「イクメンリーダー達とお父さんの子育てについて語ろう!」
・日時:2011年10月1日(土)17:00〜
・会場:西原きらきらビーチ
・参加費:3,000円

BFJ安藤講演会
「パパの極意っ!〜仕事も育児も楽しむ生き方〜」
・日時:2011年10月2日(日)14:00〜
・会場:西原町中央公民館
※上記全てのお問い合わせ:西原町役場 Tel;098-945-5340

★大田区こども家庭部子育て支援課主催 子育て講座
「パパと楽しく絵本を読もう!」※読み聞かせあり
・日時:2011年10月8日(土)10:30-12:00
・会場:羽田おおたっ子ひろば
・対象:区内在住の方   
・申込み&お問い合わせ:羽田おおたっ子ひろば 児童館Tel;03-3741-0183

★小金井市子ども家庭支援センター ゆりかご主催 お父さん講座
「父親であることを楽しもう!〜仕事も育児も楽しむ生き方」(仮)※絵本あり
・日時:2011年10月8日(土)14:00-15:30
・会場:小金井市保健センター1階 大会議室
・対象:0歳〜小学生のお子さんを持つお父さん、これからお父さんになる方 ※市
内在住の方
・定員:30人(申し込み順)   
・申込み&お問い合わせ:子ども家庭支援センター ゆりかごTel;042-321-3141(日
曜・月曜を除く)

★豊島区東部子ども家庭支援センター主催父親向け子育て講座
「パパ大好き!パート4〜パパ読んで!男と絵本のカッコイイ世界」
http://www.city.toshima.lg.jp/kodomo/kodomokateishien/towamu/017853.html
・内容:前半(約30分)ミニ講演会と絵本タイム、後半(約1時間)パパと安藤さん
の「ここだけの話!」
・日時:2011年10月9日(土)14:00〜15:30
・会場:豊島区東部子ども家庭支援センター(東京都豊島区上池袋2-35-22)
・対象:前半:子育て中の男性とその家族(お子さんと一緒にどうぞ!)妊娠中の
方、妻が妊娠中の方、後半:前半参加の男性とお子さん
・持ち物:お気に入りの絵本1冊、自分とお子さんの飲み物 *絵本はセンターでも
お貸ししています
・お申込み&お問い合わせ:東部子ども家庭支援センター 電話:03-5980-5275 9
月15日(木)〜当日まで

★静岡市子育てサークル よしよし主催・子育て講座
「イクメンパパのもっと子育てを楽しもう!」
http://www.yoshiyoshi-bm.com/kizunaryoku_up_project/2953/
・日時:2011年10月10日(月・祝)10:00-12:00
・会場:健康文化交流館「来・て・こ」駿河生涯学習センター3階 ホール(メイン会場)
・対象:子育て中の親子
・定員:50組
・参加費:一家族 1,000円
・託児の有無:あり(先着10名)
・申込み法:往復はがきで⇒健康文化交流館「来・て・こ」駿河生涯学習センター〒422-8021静岡市駿河区小鹿2丁目25-45
・お問い合わせ:駿河生涯学習センターTEL:054-202-4300

★板橋区立高島平健康福祉センター主催 両親学級
「パパ道入門〜家族を笑顔にするパパの子育て〜」
・日時:2011年10月15日(土)10:30〜12:00 ※絵本読み聞かせ有り
・会場:高島平区民館ホール(東京都板橋区高島平3−12−28)
・対象:乳幼児を持つ両親および妊娠中の夫婦(板橋区に在住・在勤の方に限る)
・定員:40組
・参加費:無料
・託児の有無:あり(先着10名)
・申込み法:9月26日 午前9時より高島平健康福祉センターへ電話にて受付
・問い合わせ先:板橋区立高島平健康福祉センター TEL03(3938)8621

★さいたま市男女共同参画 主催 男性カレッジ2011<イクメン塾>
「パパが“笑って”“楽しむ”子育てにスイッチ!オン」
・日時:2011年10月15日(土)14:00〜16:00 
・会場:浦和コミュニティセンター10F 第6集会室
・対象:市内在住、在勤の父親と子ども(1歳以上の未就学児)
・定員:13組
・参加費:無料 ※託児あり(先着10名)
・申込&問い合わせ先:10月4日午前9時より、女(ひと)・男(ひと)プラザへ
電話Tel;048-875-9966、Fax;048-875-9939F にて受付

★嬉野市男女共同参画をすすめる市民の会主催・講演会
「パパの子育て〜でもね、やっぱり楽しいんだ、子育てって〜」
・日時:2011年10月16日(日)13:30-
・会場:嬉野市公会堂(嬉野市嬉野町下宿乙1297)
・対象:嬉野市および近隣市町の一般市民。
・定員:400人
・参加費:無料
・申込み法:申し込みは不要。※託児を希望される場合は3日前までに電話で予約
・問い合わせ先:嬉野市男女共同参画をすすめる市民の会 Tel;0954-43-7516

★愛和病院/愛ちゃんワールド健診センター5周年記念パーティ
@パネルディスカッション「子ども達の未来に向けて」大日向雅美さん、吉岡マコさん、FJ安藤
Aティーパーティー
・日時:2011年10月22日(土)13:00〜午後15:30
・場所:川越プリンスホテル 3階
・定員:300名
・お申込み&お問い合わせ:愛和病院企画開発室 TEL:049-235-8853

★つくば市主催・乳幼児家庭教育学級合同講演会
「パパの極意!〜仕事も育児も楽しむ生き方」(仮)
・日時:2011年10月30日(日)10:30-13:00
・会場:つくば市役所 2F会議室
・対象:乳幼児家庭教育学級生(父母30組:60名)
・申込&問い合わせ先:つくば市市民部生涯学習課 Tel;029-883-1111(内)2331

※FJ代表・安藤の今年度〜来年度スケジュールはこちら(日々更新)
http://ando-papa-profile.seesaa.net/
24年度も絶賛受付中!イクジイ講座のオーダーも増えてます。
※FJでは代表以外のメンバーも講師派遣可能。お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■FJ関連おすすめのセミナー、イベント、キャンペーン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★太田市男女共同参画推進事業〜イクメンシンポジウム
「本音を話そうかい・聞こうかい」 ※FJ群馬会員パパ登壇!
・日時:2011年10月1日(土)13:30〜15:30
・会場:太田市学習文化センター 第一研修室
・対象:父親の子育て支援に関心のある方、一般の方
・参加費:無料 ※託児あり
・お申込み問い合わせ先:市民活動支援課Tel; 0276-47-1897
太田に男女共同参画社会をつくる会パートナーズ Tel/Fax 0276-26-1424

★ファザーリング・ジャパンちばが絵本読み聞かせ&バルーンアート
・日時:2011年10月2日(日)
絵本=(1)11時30分〜(2)13時30分〜/バルーン=(1)12時〜(2)14時〜
・会場:高島屋柏店
http://fjchiba.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイガーマスク基金
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★支援金受給希望者からの申請を受付中!
詳しくは⇒ http://www.tigermask-fund.jp/howto.html

★タイガーマスク基金インタビュー
http://www.tigermask-fund.jp/interview/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■FJメディア掲載・出演 (実績&予定)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★メディア掲載・過去3年分の一覧です↓
http://fathering-media.seesaa.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■FJ賛助会員 募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ファザーリング・ジャパンでは個人と法人の賛助会員を募集中です。
詳しくは以下のページをご覧ください。
http://www.fathering.jp/membership.html 

★FJにはこんなパパたちがいる!〜FJパパファイル(増量)
http://www.fathering.jp/interview.html
★法人会員ただいま19社↓
http://www.fathering.jp/corporate.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FJの講演では、対象であるパパ(男性)は話の論理性、エビデンス(根拠)を求めるので、僕はよく「社会生活基本調査」のデータをPPT示します。

「男性の1日の育児家事時間」や「1週間の就業時間」「年次有給休暇の取得日数」「育児支援の利用の状況」などを他国と比較しながら、日本のパパの育児やWLBにおける現状の課題を浮き彫りにし、なぜいま父親支援が必要なのかについて話をします。

いま使用するデータは平成18年の調査結果。5年毎ですからちょうど今年またあります。

男性の1日の育児家事時間は延びているのか?就業時間の理想と現実、健康状態、地域活動の状況など、きっとこれまでの5年の変化と今後5年で解決しなければならないこの国の課題が明らかになり、FJにとっても今後の活動の羅針盤にもなるでしょう。

今回の基本調査が、どういう結果になるのか注目しています。(安藤)

★父親支援事業のエビデンス〜社会生活基本調査(アンドーパパblogより)
http://ando-papa.seesaa.net/article/226537456.html



posted by イクボスブログ at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ事業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

パパ検定 出張サービスがスタート!

papatop_r1_c1.gif

先月リリースした「パパ検定 i-Phoneアプリ」も好評いただいてますが、「やっぱり紙のテストがいい」という声もいただき、検討しました。

そこで本日より、パパ力検定のイベント出張サービスを開始いたします!

以前より「プチ・パパ検定」と称して、自治体主催の子育て支援系のイベントや企業研修でスポット開催してきましたが、方式がアナログ形式でしたし、認定証の発行もできなくて不完全でした。

で、いろいろ考えて、マークシートで受験→その場でスグ採点→認定証発行(持ち帰り可)というフローを一括運営できるようになりましたので、FJの新サービスとしてリリースいたします。

自治体やNPO、企業の皆さま。今後の父親支援(パパ=男性向け)のイベント・セミナーや研修・講座企画にご活用いただければと思います!

概要は下記ですので、ご興味ある方はFJ事務局までお気軽にお問い合わせください。

★出張パパ検
「子育てパパ力検定」のイベント出張サービス
開始のお知らせ


FJでは、子育て支援の各種イベント会場や企業・職場における研修で実施する、出張型の子育てパパ力(ぢから)検定サービス(以下、出張パパ検)の提供を開始いたします。

来場者・参加者への子育て参加への意識啓発、ワークライフバランス・男女共同参画の周知施策としてご利用いただけます。

出張パパ検は、ご指定いただきました会場に検定ブースをご用意します。

問題用紙とマークシートを来場者が手にとり、解答後はその場でマークシートを読み取り・採点いたします。成績に応じて「スーパーパパ」「ナイスパパ」「チャレンジパパ」「ドキドキパパ」の認定証を発行いたします。

どこでも出張します!今後の子育てイベントや研修・セミナーにご活用ください!


★出張型パパ力(ぢから)検定サービスの概要

・検定名称: FJ公認!子育てパパ力(ぢから)検定 <イベント版>

・出題レベル: 出生時〜6歳程度の初期の子育てや、父親として知っておきたい知識や情報に関する基礎的・初歩的なレベル

・問題形式: マークシート4者択一方式。検定試験問題は20〜50問まで可変。

・受験方法: イベント会場に検定ブースを設置。問題用紙とマークシートを来場者に配布。受験希望者はその場で解答用紙にマークして検定ブースに提出。その場で採点し、成績に応じて認定証を発行。

・提供価格: 別途お見積りいたします(イベント研修の規模・人数に応じて異なります)。 ※講演会・セミナー等との抱き合わせも可です。

・対象エリア 全国どこでも出張いたします。

pencil.jpg
posted by イクボスブログ at 15:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ事業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

父親支援事業のエビデンス〜社会生活基本調査

shakai_bana01.gif

10月に総務省が、平成23年社会生活基本調査を実施します。

社会生活基本調査は、1日の生活時間の配分と過去1年間における主な活動状況などを調査し、その結果は、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進、男女共同参画社会の形成、少子高齢化対策等の各種行政施策の基礎資料として利用されています。

ボクも講演で調査結果のデータをよく利用しますね。男性は特に論理性、エビデンス(根拠)を求めるので。

「男性の1日の育児家事時間」や「1週間の就業時間」「年次有給休暇の取得日数」「育児支援の利用の状況」など、社会生活基本調査のデータを示して他国と比較しながら、日本のパパの育児やWLBにおける現状の課題を浮き彫りにし、なぜいま父親支援が必要なのかについて話をします。

さて前回の平成18年社会生活基本調査は,ちょうどFJを設立した時期と同時期です。

この5年間FJでさまざまな事業を展開する中、育児に対する若い父親たちの意識は徐々に変化してきているのは肌で感じており、昨年は積極的に育児を行う父親「イクメン」がブレイクし、父親の子育て参画もようやく市民権を得た感じがしました。

一方で景気は低迷を続け、職場環境が改善されない中で、育児に関わりたくてもできずワークライフバランスに悩む父親たちも数多く見てきました。そして東日本大震災…。

今回の基本調査が、どういう結果になるのか注目しています。

男性の1日の育児家事時間は延びているのか?就業時間の理想と現実、健康状態、地域活動の状況など、きっとこれまでの5年の変化と今後5年で解決しなければならないこの国の課題が明らかになり、FJにとっても今後の活動の羅針盤にもなるでしょう。

なので,今回の調査についてはFJ会員のみならず、育児に積極的な父親たちに広く協力を求めます。

調査の時期や方法はこちらですが、対象世帯になった方はヨロシクお願いしますexclamation×2

posted by イクボスブログ at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

緊急フォーラム開催!「子どもの被ばく問題」

04.jpg

「FJのパパたちは子どもの放射線被ばく問題をどう考えてるんだ?」
「育休も大事だが、こっちもFJのテーマではないのか?」

これらの問い合わせや意見が、最近FJに数多く来ていました。

このテーマ、当初ボク自身もあまり知識がなく、また東京在住なので危機感も薄かったせいか、最初は保育園で水や給食の食材について質したり、ただメディアの情報を追ってるだけでしたが、パパエイド募金の支援活動で福島の小学校に何度か行く中で校庭で遊べない小学生、放射能に怯える親子を見てだんだん意識が高まっていきました。

そこから本を読んだり、ネットを視たり、自分の子どもが通う学校の保護者=(原子力に詳しいパパ友・ママ友)と語り合い情報共有し、それを元に自治体の教育委員会の人と話し合ったりしてきました。

また6月に滋賀で開催した震災復興フォーラムに登壇してくれた、福島市から札幌に移住したFJ会員パパの「家族を放射線の被ばくから守る!」という父親としての強い決断と行動力を見て、これはFJでも何かやらねばと思い続けて、ようやくこのフォーラムを企画しました。

また最近、福島だけでなく関東やその他地域でも、子どもの被ばくを避けるため、ママと子どもが疎開し、パパだけが現地に残る「震災分離家族」がどんどん増えています。

仕方ないのかもしれないけど家族形成、親子の愛着形成の観点においても離れ離れで暮らすその状態が長期化するのは良くないし、場合によっては放射線問題に対するスタンスや価値観の違いで夫婦仲が悪くなってそのまま離婚したなんていうケースも聞いたので、笑顔のパパとその家族を応援するFJとしては看過できない問題になってきたのです。

さらにフォーラムを企画したもう一つの大きな動機は、これまでFJで取り組みフォーラムを開催した待機児童問題児童虐待問題産後うつなどと同じで、なぜメディアは放射線問題の多くを「母親」に語らせるのか?子どものことに関する事だと何故、主語が母親になるのか?ということ。

父親だって、ちゃんと考えてる人は多いはず。子どもを大事に思い、放射線から守りたいと思ってるパパはたくさんいるんです。

けれども新聞や雑誌で父親の放射線に関するコメントはあまり読まないし、子どもの内部被ばくを心配して、スーパーで産地を確認して買い物するパパの姿をTVでは視たことがない(ボクはそうしてますが)。

だからFJで、父親たちで考え発信する(もちろん母親の立場・意見も尊重しながら)フォーラムを開催するので、錯綜する情報を整理共有し、家族の安全や絆を守るために自ら判断し行動するために、父親をはじめ多くの方にご参加いただければと思います。

イベント★FJ緊急フォーラム『パパが発信する“子どもの被ばく問題”〜パパ・ママ・家族は放射能とどう向き合えばいいのか?』

・日時: 2011年10月11日(火)18:30〜21:00(18:00開場)
・場所: 文京区民センター 2−A会議室(住所:東京都文京区本郷4−15−14)
・定員: 200名 ※専門の託児所は設けませんが、乳幼児連れ承知のイベントです。会場後方にシートを敷いてキッズコーナーを設置しますのでご利用ください。
・参加費: 1,000円(参加費の一部はパパエイド募金に寄付し、福島の子ども支援活動に活かします)
・参加申し込み: Webの申込フォームから

■プログラム:
18:30 挨拶 NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事 安藤哲也

18:35〜19:05 基調講演@ 「放射能汚染をどう見るか」
講師 瀬川嘉之氏 (高木学校

19:05〜19:35 基調講演A 「放射能汚染と食の安全」
講師 天笠啓祐氏 (市民バイオテクノロジー情報室代表)

19:45〜20:50 パネルディスカッション
パネラー(予定)
田嶋 要氏(衆議院議員・前経済産業大臣政務官兼原子力災害現地対策本部長)
上田令子氏 (江戸川区議会議員)
岩松正史氏 (FJ会員、傾聴講師、心理カウンセラー、シンクタンク藤原事務所)
石川峰行氏 (FJ会員(元・福島市在住、現・北海道在住、一級建築士)
コーディネーター 安藤哲也 (NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)

20:50〜21:00 震災による分離家族をサポートするFJ新事業の発表

・・・・・・・・・・・・・
父親に限らず、どなたでも参加できます。お申込み待ってます!

またフォーラムの取材もOKです。お申込みは⇒info@fathering.jp もしくはFJ事務局 050−8884−4252まで。


posted by イクボスブログ at 23:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

ムーミンの国から来た留学生

2011-09-07 10.37.54.jpg

先月からFJにフィンランド人の留学生が、インターンシップで来てます。

日本の育休制度の実態について研究中。これをテーマに大学の博士論文を書くそうです。

11月中旬までFJの事務所に通ってもらい、仕事に携わりいろいろ学んでもらいます。昨日もボクがやった企業セミナー(某外資系証券会社)にも同行。刺激的だったようです。

また日本のパパたちの日常的な育児も視てもらおうと思ってまして、既にFJ会員の子が通う保育園へ視察に行ったり、FJの父子家庭の家のホームパーティにも招待されたようですわーい(嬉しい顔)

そんな彼女には滞在中にブログを書いてもらってます。

『フィンランド留学生は見た! 日本のパパたちの育児ライフ』

FJのパパスクール視察記や、フィンランドのワークライフバランスや、育児事情(パパクオータ制)なども書いてくれて、こちらも勉強になりますひらめき

Twitterやfacebookで紹介したら、「リアルで面白い」「北欧の子育てやWLB事情がよく分かる」など好評を得てますので、どうぞ皆さんもときどきチェックしてみてくださいexclamation

posted by イクボスブログ at 11:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

イクジイフォーラム開催!

face_murakami_nobuo.jpg

最近イクメンに関する取材がめっきり減り、専ら「イクジイ」ばかり来ます。

NHKおはよう日本で特集され、また中国新聞でも8月「イクジイの夏」という連載記事(5回)が載り、どちらも反響も大きかったようです。

そんな流れの中で、イクジイプロジェクトでは、ボクもレギュラー出演するNHKラジオビタミンのキャスター・村上信夫さん(イクジイの星!)をゲストに迎え、フォーラムを東京で開催します。

★Fathering Japanイクジイプロジェクトpresents 敬老の日スペシャルイベント
「イクジイフォーラム2011〜笑っているおじいちゃんが日本の子育てを変える」


・日時:2011年9月13日(火)14:00〜17:00
・会場:大田区産業プラザPio4階 コンベンションホール ウグイス

・対象:お孫さんのいるおじいさん、これから孫が生まれる予定の男性、そのご家族、イクジイ事業に関心のある方ならどなたでも。
・参加費:無料
・お申込み方法:Webフォームにご記入の上、送信ください。または電話FAXで⇒050-8884-4252、
メールは⇒gyoumu@fathering.jp

・内容:
(1)講演「まごまご孫育て」村上信夫さん(NHKアナウンサー)1時間
(2)トークセッション「笑うイクジイになるには?」(ラジオ番組風に)
村上信夫さん(NHKアナウンサー)
棒田明子さん(NPO法人孫育てニッポン代表・NHKラジオビタミン出演中)
安藤哲也(NPO法人ファザーリングジャパン代表)

<講演主旨>
講演者はNHKアナウンサーの村上信夫氏。自身も子育てしながら仕事をしてきた元祖イクメン。現在は3人の孫のおじいちゃんでもあるイクジイ。まごまごしながらの孫とつきあう体験談を語ってもらい、祖父(イクジイ)による孫育てや、家族みんなで子育てすることの重要性について語っていただく。

<トークセッション主旨>
NHK村上アナとNPO法人孫育てニッポンの代表・棒田明子さんをゲストに、孫育てやイクジイの意義や魅力について語り合っていただく。抱えている課題や今後の展望についても参加者からの質問にも答える形で話を進める。コーディネーターは安藤哲也(FJ代表)

・後援:子育て応援とうきょう会議にっぽん子育て応援団NPO法人定年GO

平日でパパは厳しいかもしれませんが、実父や家にいるママのお義父さん・お義母さんを誘ってみてください!

posted by イクボスブログ at 07:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。