2011年10月04日

パパは料理でアンビシャス!

312789_279480298736972_100000250119853_1075862_31564985_n.jpg

FJの主力メンバーでもあるパパ料理研究家のビストロパパこと滝村パパがロックしました!

この度、ビストロパパ×ファザーリング・ジャパン×東京ガス共催

「パパごはんの日」プロジェクト

が始動します爆弾ニュースリリースはこちら

滝村パパはボクの8つ前の会社の後輩で、昔から仕事のデキる男。
そんな彼もいまや2児のパパ。5年前にお互いパパになって再会して意気投合し、FJに合流。
その後、当時勤めていた会社を辞めて独立し、自らをブランディングし、2000日連続でブログでレシピを書き続け、いまや著書も2冊出すほどの著名なパパ料理研究家・ビストロパパに成りました。

今回のプロジェクトは、FJの「笑っている父親を増やす」というミッションとも通底するコンセプトなので、1年半くらい前から一緒に計画を練ったり営業したりしてきた結果、東京ガスさんもスキームに入っていただき、いよいよ始動となったのです!

10月11日(火)には、プロジェクトの記者発表&パパごはん料理教室が開かれます(受講生はFJのパパたち)。ご興味ある方は、プロジェクト事務局( press@papagohan.jp )までご連絡ください!

以下、リリースより。

2011年10月11日(火)、父親の家庭料理支援を行う株式会社ビストロパパ(本社:東京都港区 代表取締役:滝村雅晴 以下「BP社」)と、父親の子育て支援を行うNPO法人ファザーリング・ジャパン(本社:東京都文京区 代表理事:安藤哲也 以下「FJ」)、東京ガス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:岡本 毅 以下「東京ガス」)は、共同で「パパごはんの日」プロジェクトをスタートいたします。

本プロジェクトでは、父親が日常の家庭料理を作るための、ライフスタイル、ワークライフバランス提案を3社がきかっけとなり、多くの企業/団体/個人と連携しながら、毎日を「パパごはんの日」にできる世の中作りを行ってまいります。

記者発表当日は、現状どれだけ父親が料理を作っているかの調査発表や、育児休暇取得中および子育て中のパパに対しての「パパごはん料理教室」も開催します。

この機会に、全体の構想と今後のビジョンについての記者発表会を開催させていただく運びとなりました。万障お繰り合わせの上、ご出席頂ければ幸いでございます。


「パパごはんの日」プロジェクト 発起人 
 パパ料理研究家/株式会社ビストロパパ 滝村雅晴
 NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事 安藤哲也

■ 日 時 :
2011年10月11(火)13:00〜15:00
(受付開始は12:30/13:00〜記者発表/13:30〜パパごはん教室)

■ 場 所 :
東京ガス スタジオプラスジーギンザ 東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE 5F・6F

■ 内 容 :
「パパごはんの日」プロジェクト概要発表/「パパごはん度」調査報告/パパごはん料理教室/試食

■ 発表者 :
滝村雅晴 「パパごはんの日」プロジェクト代表/発起人 (パパ料理研究家)
安藤哲也 「パパごはんの日」プロジェクト発起人 (NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事) 
島川 俊之 東京ガス株式会社「食」情報センター 
青柳 恵子 「男性の料理に関する意識と行動 2011」調査報告 東京ガス鞄s市生活研究所

■ プロジェクト設立の背景: 
昭和55年に1144万世帯だった専業主婦世帯は、平成20年には825万世帯になりました。逆に614万世帯だった共働き世帯は、1011万世帯に増えました(総務省労働力調査より)。時代は、多くの家庭が、夫婦で共に働き、共に料理を作り、家事、子育てをする時代になっています。さらには高齢化社会の到来により「共に介護」する時代がもうきています。 人口の半分を占める男性、特に子を持つ父親の意識と行動改革は必要です。

本プロジェクトは、家庭内における父親の役割を生きるために必ず必要な「食」を通して、今の時代に本当に必要なライフスタイルを、BP社、FJ,東京ガスが連携することで、地域や社会に根差した文化創造行うためのプロジェクトです。



posted by イクボスブログ at 15:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ事業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。