2012年05月23日

いよいよ、イクジイスクール開講!

ikuji_school_banner_580_90.png

いよいよイクジイスクールがスタートします!ぴかぴか(新しい)

FJでは2011年4月に「イクジイプロジェクト」を立ち上げ、『笑っているおじいちゃんが社会を救う』として、中高年男性の意識改革、自身の孫育て及び地域の孫育てを推進する事業を展開してきました。テレビ、新聞、雑誌など多くのメディアでイクジイが取り上げられ、野田総理までイクジイ宣言するに至るまで、イクジイの言葉は浸透してきました。

しかし、「イクジイ=孫の世話、地域の子どもを預かる」といった狭義のイメージが先行してしまっています。はじめにイクジイを造語したFJとして、FJの考えるイクジイを提唱し、笑っているイクジイを増やすために、イクジイスクールを開講致します。

昨今、子どもと家庭を取り巻く環境はより厳しさを増しています。沈滞する経済、遅々として改善されない労働環境、貧困・ワーキングプア世帯の増加、迷走している社会保障など、子育てがしにくい社会となっています。核家族化や共働き家庭の増加も相成って、子育てが孤育てになり、子どもたちをめぐる事件や児童虐待などの問題も多発しています。イクメンは増えてきましたが、子育てに関わりたくても難しい父親も依然として多いのが現実です。

一方、団塊の世代が定年を迎え始めるなど、元気で時間もある中高年男性が増えおり、彼らのセカンドライフの過ごし方、地域参画のあり方に大きな注目が寄せられています。そこで、彼らに孫育てに積極的に関わるイクジイとなり、親たちの補完をして頂きたいと期待しています。

イクジイの役割は単に孫の世話をし可愛がるだけではありません。現役時代に培った経験やスキルを社会に還元し、次世代に伝えていくことです。

地域の繋がりが希薄化している現代社会において、地域と社会をつなぐキーパーソンとなって頂き、祖父母世代と親世代、孫世代との世代間交流を図ることで、地域の活性化、防犯・防災・教育力の向上が図れます。また、イクジイの活動を通して、自身のエンパワーメント、セカンドキャリア、セカンドライフの充実といったリターン、相乗効果も期待できます。

イクジイスクールでは、これらの現代の子育て事情と課題を体系的に学び、親世代との交流・相互理解を図り、受講者の社会貢献活動の契機となるカリキュラムを用意しました。元気なおじいちゃんの笑顔によって、家族の不安が軽減し、地域が豊かになり、社会が変わります。そのために何ができるのか、祖父母世代と親世代とで共に考え協働していきませんか。

パパ&ママの皆さんexclamation
お父さんやお義父さん、近所のイクジイ候補者に、「こんなのあるよ」と、ぜひお声掛けを!

イクジイスクール概要

【日程】2012年6/11(月)6/25(月)7/9(月)7/23(月)8/6(月)
全5回 隔週月曜日18:30 〜 20:30
【対象】子育て、孫育て、社会貢献に関心のある男性(孫がいなくても受講可)
【会場】京華スクエア・ハイテクセンター
住所:東京都中央区八丁堀三丁目17番9号
【受講料】初回特別価格 全5回:10,000円(税込10,500円)
単科受講:3,000円(3,150円)

【カリキュラム】  ※講師一覧
 第1回:6月11日(月)
 基調講演 村上信夫氏(元NHKアナウンサー)

 第2回:6月25日(月)
 『笑っているイクジイが日本を変える』(FJ代表理事 安藤哲也)

 第3回:7月9日(月)
 『創続のすすめ』(NPO法人孫育てニッポン代表理事 ぼうだあきこ
    +イクジイプロジェクトリーダー 村上誠)
 現役パパとのグループディスカッション

 第4回:7月23日(月)
 『セカンドキャリアで社会貢献を(仮)』
 (江東親子センター代表 渡辺恵司氏)

 第5回:8月6日(月)
 修了式、イクジイ宣言

※イクジイスクールの詳細、申込みはこちら↓
http://www.fathering.jp/ikujii/school

※イクジイスクール フライヤー(チラシをダウンロードできます)
http://www.fathering.jp/ikujii/images/ikuji_school_flyer.pdf


posted by イクボスブログ at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ事業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。