2008年09月22日

パパの料理講座

先週の土曜日は、広島で「パパの料理講座」があり、出かけてきました。

これは、FJ中国支部と広島市女性教育センター(WEプラザ)の共催セミナー「パパの子育て応援講座〜パパ大好きって、言われたい!」のプログラムの一つです。

当日は5人のパパが参加。男性講師の指導の下、メインディッシュのビーフストロガノフと、デザートのりんごのコンポートを作りました。

パパたちの料理の腕前は…まあ、それなりに包丁もうまく使いこなし、無難に作っていましたヨ。

画像 1499.jpg
まずは玉葱をみじん切りにして。

画像 1501.jpg
サラダ油&バターで炒めましょう。

画像 1502.jpg
牛肉も1cm幅に切って塩・コショウふって、小麦粉をまぶしてニンニクで炒めましょう。

画像 1504.jpg
鍋で玉葱&しめじを炒め、ケチャップで味付けしてから牛肉投入。水を500cc加える。
デミグラスソース、ビーフコンソメの素を入れて中火で20分煮込む。

画像 1509.jpg
塩・コショウで味を調え、最後に生クリームを入れて完成。

画像 1508.jpg

画像 1507.jpg
りんごのコンポートも、うまくできたようです。

画像 1517.jpg
ピクルスとチベットティーも添えて、出来上がり!

画像 1511.jpg
いい匂いにつられて、隣の遊戯室にいたママと子どもたちがやってきました。

画像 1513.jpg
「ハイ、どうぞ。召し上がれ」
「わぁ、パパすごい!ありがとう」←パパの達成感200%右斜め上

画像 1515.jpg
「みんなで食べると美味しいね」

画像 1519.jpg
後片付けもするパパ。当然です。


という感じで講座は終了。参加のパパたちもいい汗かいたようで満足気に帰って行きました。

この快感を忘れずに、家でもやるんだよ〜手(チョキ)

そう、パパの料理講座はレシピを教わることが重要なのではなく、ご飯を作ることの面白さに気づき、体得してもらうことで、それがファザーリング(=父親であることを楽しむ)の醍醐味の一つになってもらえればと思うのです。

かくいうボクも料理がさほど上手くないので、今回はよい機会なので、エプロンとバンダナ巻いて準備していたのですが、当日はいろいろなメディアが取材に入っていてインタビュー攻めにあって、一連のクッキングはできませんでした。

でもレシピをもらってきたので家でチャレンジし、家族と楽しみたいと思います。

※なお、この講座の模様は、10/31のNHK総合テレビ「ちゅうごく再生プロジェクト」という番組の中でも少し放送される予定です。


posted by イクボスブログ at 21:31| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | セミナー・イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも送信いただきありがとうございます。さまざまな企画を立て、実行し、こうして家庭の中に愛と平和をうちたて、またひては社会にそれを波及しておられる活動
に、ほんとうに「すごい」と感動します。
こういう方々を与えられている日本は捨てたものではない、いい国だなと思います。これからもいっそうのご活躍をお祈りしています。
Posted by 森 淳子 at 2008年09月26日 09:14
 お父さんの、手料理、子供達も喜んで食べたんでしょうね。

 名古屋でも、こんな活動があるといいと思いました。
Posted by アサケン at 2008年09月28日 21:24
 先日、4歳の息子の料理教室に一緒に参加してきました。それ以来、休日に息子と二人で食事をちょくちょく作っています。
 でも、妻の指導なしでは、作れないので、楽しむ所までもう少しです。
 もっと美味(上手)くなるぞー。
Posted by エイメイ at 2008年09月29日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

NPOブログ記事の読み比べ評価!: 育児/託児 by Good↑or Bad↓
Excerpt: 「育児/託児」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
Weblog: NPOブログ記事の読み比べ評価!(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
Tracked: 2008-09-26 21:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。