2009年03月26日

目指せ!コぺル君

3月は卒業式シーズン。PTA会長は忙しい季節です。

うちの小学校も昨日が卒業式。娘は5年生だけど、会長のボクは来賓として列席し、挨拶しなければなりません。

昨年の卒業式は挨拶代わりにサプライズ企画♪をやっちゃったけど、今年はどうしようかなー。

ボクもこれで任期満了で会長卒業だし、最後はビシッとロックなスピーチで締めたいなと思い、前の晩にビール飲みながら原稿をまとめました。

下記が全文です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卒業生の皆さん、卒業おめでとう。
卒業生の保護者の皆さま、本日は誠におめでとうございます。
 
今日の卒業式を、私もPTA会長として感慨深く迎えました。

というのもわが区では3年前に、学校再配置計画が突然発表されました。そこにはみんなが大好きなこの小学校が3年後になくなり、他の学校に統合されてしまうということが書いてありました。

それが計画通りになってしまえば、きょうの卒業式で最後。つまり皆さんがこの学校の最後の卒業生となるはずだったのです。

それはまかりならない、学校を守りたいと、3年前にPTAのお父さん・お母さんや地域の人たちが協力して反対運動を起こし、2年後にそのプランはようやく廃案になりました。

つまり来年度以降も、いまの5年生も、またその下級生たちもこの学校の卒業生となるわけです。「行政の決定を安易に受け入れず、声を上げて本当によかった」と、いま私は思っています。

さて、いま日本は100年に一度という未曽有の不況に見舞われています。環境問題、少子高齢化問題、格差貧困問題も深刻です。再生はなかなか難しい。

でも今の状況は人間が作ったものですから、人間が解決できないはずはない、と私は思います。

まずこのような悪い状態はいまの大人がしでかしたことですから、大人たちはみな反省しなければなりません。

一人一人が子どもたちの、またその子どもたちの世代に何を残せるのかを考え、価値観を改め、個人の生き方や暮らし方、地域社会の在り方を見直さなければならないと思います。そして、次の社会を担う子どもたちにそのバトンを渡していかなければなりません。

今後も混沌とした時代はしばらく続くでしょう。

そうした社会環境のなかで求められる人材とは、誰かの言うことを鵜呑みにしたり、大勢に流されたり、誰かが敷いたレールの上をただ歩くだけの人ではありません。

課題に対して自分の頭で考え、きちんと意見を述べ、仲間と話し合い、そして失敗を恐れずに実行していく、未来を切り開く力を持った人です。

そのベースとなる力を卒業生の皆さんはこの学校での6年間で手にしたと思います。そして来月から中学校で、その力をさらに磨いてほしいと思います。

そのためのアドバイスを最後にします。

「きみたちにどんな大人になってほしいのか?」

明快な答えはありませんが、私が大学生のころ読んで感銘を受け、いまでも心の糧、自分の行動の指針にしている1冊の本。ジャーナリストの吉野源三郎が書いた児童小説『君たちはどう生きるか』の一節を最後に伝えたいと思います。

父親を亡くした中学2年生の主人公コぺル君に向けて、父親代わりの伯父さんが述べた言葉です。


「もしも君が、学校でこう教えられ、世間でもそれが立派なこととして通っているからといって、ただそれだけで言われた通りに行動し、教えられた通りに生きてゆこうとするならば、コぺル君、いいか?それじゃ君はいつまでもたっても一人前の人間じゃないんだ。子どものうちはそれでいい。しかしもう君の年になると、それだけじゃダメなんだ。

肝心なことは、世間の目よりも何よりも、君自身がまず、人間の立派さがどこにあるか、それを本当に君の魂で知ることだ。そうして心の底から、『立派な人間になりたい』という気持ちを起こすことだ。

そうでないと君はただ『立派そうに見える人』になるばかりで、本当に『立派な人』にはなれないだろう。

世間には、他人の目に立派に見えるように、見えるようにと振舞っている人がずいぶんいる。そういう人は自分がひとの目にどう映るかということを一番気にするようになって、本当の自分、ありのままの自分がどんなものかということを、つい、お留守にしてしまうものだ。僕は、きみにそんな人になってもらいたくないと思う」

いかがでしょう?

皆さんも自分で善悪を判断し、自信を持って行動できる人になってください。それが立派な大人の証しです。

そして自分で考えに考え抜いた結果なら、誰が反対しようとも自分の思った道をすすむことのできる人になってほしい、と私は思います。

卒業生の皆さん。改めて、卒業おめでとう。

未来はきみたちのものです。

どうか中学でも、たくましく、しなやかに生きて、素敵な大人になってください。

これからも私は、あなたたちの成長を同じ地域に住む大人として、楽しみに待っています。

以上を持ちまして、お祝いの言葉とさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6年生はちょっと退屈そうな子もいたけど、目ヂカラ強く聴いてくれた子もたくさんいた。

このスピーチは子どもたちへの「門出の言葉」だったが、式終了後、先生や来賓の町会長さんから、「挨拶良かったよ〜。われわれ大人たちも考えなきゃね」と感想が来ました(^o^)

そう、地域のおじさんは、みんなコペル君の伯父さんなんだよね。

ボクもPTA会長はいったんこれで終了だけど、引き続き学校や地域で子どもたちにとっての「ロックな伯父さん」でいようと、『仰げば尊しるんるん』を聴きながら、激しく思いましたexclamation×2




posted by イクボスブログ at 08:27| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | My Fathering | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
「笑顔のお父さんになろう!ふやしていこう!」という素敵な活動を始めてしまった安藤パパはじめ皆さんに敬意を表しております。

私自身は息子三人の子育てもほぼ終盤となり、「あ〜、あの時にああ対応してあげたらな〜」とか、「まず先に、あの子の気持ちを受け止めて、それから私の思いを伝えなくちゃまずかったよね〜」と思い出したりと、反省の多い未熟な親であります。

でも、子供たちは有難いことに成長するにつれ「親ってこんなものかぁ」と受け止めてくれ、「うわっ!それって親の私がとるべき態度だったりして?・・・」と時に唖然とさせてくれます。

親だって完璧には出来ないのだから、肩の力を抜いて笑顔でいる方が、いいですよね。

ロックなPTA会長の祝辞、素敵ですね。
子ども達は本当の事を知りたいと思っているし、自分たちの力を信じたいし、真剣に見守ってくれる大人の存在は感じてくれますから。

「君たちはどう生きるか」は絵本読みの延長でベッドの三人に何日かで読み聞かせしたことがありました。上の子が6年、下が3年でしたか。覚えているかどうかは?

私も最近読み直す機会がありましたし、関わりのある中学生には無理やりプレゼントしてます、一応受け取ってくれてますが。(笑)

卒業式といえば、10年程前、息子の小学校の卒業式に(長男が卒業する前年)PTAの役員だった関係で参列した折、奇妙に感じた事がありました。

卒業生が上履きを履かずに入場して来るではありませんか。何故???!
 
直後の理事会で問うたところ、「卒業証書授与の壇上(体育館のステージ)は神聖なところ。校長、来賓の方々も上がる時は履物を脱いでます」と。 

神聖かどうかは自分の心が決めるもの、と私は思うので、管理職の先生方にまともに噛み付いてしまいました・・・・・若気の至り。
上靴を履いて登壇することが、何かを踏みにじる事になるというのでしょうか?

後日先輩のお母さんに尋ねたところ「うちの子たちの時は雨降りだったので教室から体育館の渡り廊下、足元が濡れてねぇ」と。
子ども達はどんな気持ちだったのかなぁ・・

また同じ市内の友人にどう?と聞いてみると
「うちの学校も最近履くようになった(問題提起したから)」と答える友人もいれば、「そういわれてみれば・・・」と答える人もいたり。

翌年の卒業式は入場時は履いてましたが、登壇する時はやはり脱いでいました。
他にも卒業式のここが変!と他にも思うことはありますが・・・。

身近なところにも気づいていない事、見えていない事いっぱいあるのだろうと思います。
だから色々な人の声に耳を傾け、心を繋いでいける自分でありたいと思います。
子どもがいると、いろんな事を試されますね。


長々と失礼しました。
パパ・フォーラムは楽しく参加させて頂きましたが、今日の絵本プロジェクトは残念ながら拝見できませんが、またの機会があることを願っております。
4月5日の行進も良いものとなりますようお祈りしております。










Posted by そうともゆう at 2009年03月29日 03:28
はじめましてですが、このところこちらの活動に強く惹かれ、よく訪問させていただいています。

このブログには感動でした。
私や、娘の卒業式のときに校長先生や会長さんからか、来賓の誰でもいい、
「大人」たちからこういう言葉を贈られたかったなあ・・と。

でも、私たちの子ども、これからの日本の子どもたちに伝える場面はこれからいくらでもありますね。

私がまず、そういう大人になり、伝えていきたい、いかなければと思いました。

そしてそんな思いの人が増えていくように、
こんな風に語ってくれるし発信してくれるFJさんの活動をこれからも応援したいと思います。

4/19のイベントに参加予定です。
楽しみにしております♪




Posted by はなゆたママ at 2009年03月30日 11:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。