2010年03月09日

3/9は、さんきゅーパパの日

sankyu0003.JPG

本日、パパの育休取得促進事業さんきゅーパパプロジェクトの説明会を行いました。

ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!

会場ほぼ満員の中で、伝えたいことは伝えました。

NPOマドレボニータが実施した「男性の育休に関する女性の意識アンケート」の結果もインパクトありましたね〜。

メディア関係者の出席も多く、どう伝えてくれるか楽しみです。

でも今日いちばんうれしかったのは、会場にいた一般のパパ(中小企業勤務)が、説明会終了後に

「もうすぐ子どもが生まれます。ボクも産休取りたいんです。でもうちの会社、制度すらなくて…」

と相談してくれたこと。

当然、ボクの答えは…

「制度が整備されていないのは仕方ない。でもあなたのアクションそのものが会社にとっても“気づき”だし、そこから制度を作っていけばいいんじゃないかな?取得を宣言して取って困ったことが起きたら、さんきゅーパパで全面的にフォローするので、大丈夫ですよ」

この返事を聞いて、彼の顔がパッと明るくなったので、たぶん育休取るでしょう。

こうやって一歩一歩でいいので、「さんきゅーパパ」を増やしていきたいですね。

bn_sankyu.jpg

さんきゅーパパのオフィシャルサイトも、本日OPENしました。

サイトには事業概要さんきゅーパパへの申請方法の説明があります。

また今回は、動画によるe-learningページも作成しました(受講が申請の条件です)。

・日本の男性の育休取得状況→「男の育休が社会を変える」
・パパなら知っておきたい!産後ママのケア
・育休中の夫婦のパートナーシップ
・改正育休法の正確な知識をレクチャー
・育休経験パパたちの座談会「職場のハードル編」「妻のリアクション編」「ジジババ世代間ギャップ編」


などなど、動画なので楽しく学べます。

トップページのつるの剛士さん動画メッセージのビューは、すでに1000を超えています。さすがですなー。

産休希望パパに限らず、皆さんご覧になれますので学んでください。
私からのメッセージもあります!

またぜひ皆さんの周りにパパ・プレパパ、お子さんを希望している夫婦、結婚を考えている独身者も含め、さんきゅーパパのe-learningをご紹介ください。

きっと、産休を取りたくなるパパが増えるはずです!


また、さんきゅーパパプロジェクトでは、協賛企業も募集中です。

ただいま4社からいただいていますが、もっと多くの企業からのサポートが欲しいところです。その賛同社数が育児休業者(さんきゅーパパとその家族)を勇気づけます。

CSRやWLBの姿勢を明確に打ち出している進んだ企業はたくさんありますので、さんきゅーパパの理念に賛同してくれ企業はきっと多いと信じています。

支援の形はいろいろあるでしょうから、ご興味あれば、お気軽にご相談ください。<企業ご担当者さま

どうぞよろしくおねがいします!

FJだけではなく、みんなで、さんきゅーパパプロジェクトを盛り上げていきませんかexclamation&question

・TOKYO MX NEWSでさんきゅーパパが紹介されました!
 http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201003097.html

・日本テレビニュースでさんきゅーパパが紹介されました!
 http://www.news24.jp/articles/2010/03/09/07155001.html

経済支援ばかりがメディアでは強調されて報道されていますが、さんきゅーパパでは、育休を取得したパパに「孤立化防止」など総合的な支援に取り組んでいく予定です。



posted by イクボスブログ at 23:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | FJ事業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。