2010年03月11日

わが街のブレアさん

きょうはうれしいニュースがありました。

★自治体首長で初!文京区長が育休宣言
http://mainichi.jp/select/today/news/20100311k0000m040145000c.html

政治家が育休を取った例では、1999年にイギリスのトニー・ブレア首相が第4子誕生に際して育休を取ると言って大騒ぎになった例が記憶に新しいが、その後はあまりなかったように思います。

文京区はボクの住む町。ここでいまブレア現象が起きようとしている!?

そう、公立小学校のPTA会長をやっていたこともあって成澤区長とは日頃からお付き合いがあって、実はこの件は相談受けてました。

ご本人もずいぶん前からツイッターでつぶやいてましたしね。

44歳にして初めての子手(チョキ)。かわいいよね、やっぱり。

文京区は彼が区長になってから子育て支援に力入れてるし、子どもの誕生を喜んでいたので、区長という重責であっても「もっと父親を楽しんで欲しい!」と、いろいろアドバイスしてました。

で、先週だったか決意して庁内・議会にも自らアナウンスしたそうです。

今のところ、足を引っ張る人もいないようですし、議会もない時期ですから、容認してあげてほしいと思います。

文京区の男性育休取得率はこれまで過去、0%
今回の区長のアクションは職員のワークライフバランス啓発にもなるでしょう(育休取りたいと思っている男性職員はいるはず)。

これによって流れが変わるといいですね。

でも今朝ニュースをみて、「文京区民でよかった」、と初めて思えました。

ロックしてくれた成澤さんには早速、

「FJで全面的に応援します。しばらく取材などで忙しそうだけど、子育てもしっかりね」

と、メールしたところです。

区長の育休取得ニュース「わが街のブレアさん誕生」で、
FJのさんきゅーパパプロジェクトのギアもセカンドに入った感じ。
成澤さんにはもちろん、さんきゅーパパプロジェクトの賛同人にもなっていただきました!

全国の自治体でも、若い男性首長さんは多いはず。
もしチャンスがあったら、果敢に育休を取得し、ぜひ成澤区長に続いて欲しい!と思いますexclamation×2

それが、男性の育休取得率アップ。北欧のようにあたりまえに男性も育児参画ができる社会に変革する大きなフックになることでしょう。



posted by イクボスブログ at 11:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
文京区長の育休宣言、新聞で見ました!
安藤さんの住む町だったんですね。

安藤さんの著作の中で「ワーク・ライフ・バランスは勝ち取るもの」や「男性が子育てに主体的に参加することは、ようは覚悟の問題だ」と書かれていたことに刺激を受けています。

3月20日の大分県佐伯市である講演会には、友人夫婦を連れて参加予定です。
楽しみにしています!
Posted by いいちゃん at 2010年03月11日 23:08
さんきゅーパパプロジェクトのニュースを先日聞いたばかりなのに、今日は、文京区長の育休取得のニュース!!
男性の育休が取得しやすい社会に大きく前進したと思います。
文京区に住みたくなりました。
Posted by エイメイ at 2010年03月12日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。