2010年03月25日

パパが号泣する準備はできていた

今日は娘テルノ(12歳)の卒業式だった。

朝から冷たい雨が降っていて、「こりゃ、親たちの涙雨だなー」と。

久々にスーツ着て、ネクタイを締めて学校へ行く。今年は会長としての挨拶もなし。きょうは親としてたっぷり楽しむぞ。

保護者席をざっと見たところ、パパの参列は65%くらい。やっぱり卒業式は休み取ってくるんだね(よしよし)。


そろそろ、式が始まるぞ。

「泣かないでくださいね^^」

来賓席でPTA役員のお母さんから声をかけられた。

「どうかな。自信ないすよあせあせ(飛び散る汗)

さあ、卒業生の入場だ。BGMは5年生らの鼓笛演奏で「威風堂々♪」。

sotsugyo_02.JPG
娘がボクの目の前を通り過ぎる。

「じわっ」。  やべー、すでに涙10ccだたらーっ(汗)

続いて、卒業証書授与。50音順で娘は3番目だ。

「あんどうてるのさん」。  担任が名前を呼ぶ。

「ハイ!」

sotsugyo_03.JPG
校長先生の前に進む娘。また、ここで涙20ccだたらーっ(汗)

うちは一学年一クラスの小さな学校。卒業生も36人しかいない。

卒業証書授与も、淡々と進んでいく。

娘だけでなく、PTAや学童クラブの活動もやってきたから、1年生のころからずっと関わってきた子たちが立派に成長して小学校を巣立っていくその姿を見て、いちいち感動してしまう自分がいた。

クラスメートのMちゃん、Rちゃん、Tちゃん。

よく家に遊びに来てくれたよね。

一緒に映画やプール、スケートやボウリング、キャンプにも行きました。

そんな思い出が、走馬灯のように…。

そして、3年生の時にお父さんが亡くなったKちゃん…。

Kちゃんが卒業証書をもらってるとき、保護者席にいるママは泣いていた。(あー、ダメだ。号泣100ccもうやだ〜(悲しい顔)

sotsugyo_01.JPG
みんな、大きくなったな。

本当に、卒業おめでとうぴかぴか(新しい)

その後も感動の合唱などで、また涙し、今日のTears総量は260cc。

寒い一日だったけど、心温まるいい卒業式でした。

あー、3年後は、ヒロシ(9歳)が卒業か。

きっとまた泣くんだろうな。

でもこれも「父親」としての醍醐味です。

サトシ(2歳)もいるから、今から楽しみ。

3年後も10年後も号泣できるよう、準備として「父親であること」をもっともっと楽しんでおこうと思います。

さあ、今夜は同じ卒業生のパパ友と飲むぞービール


posted by イクボスブログ at 16:12| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | My Fathering | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
卒業おめでとう!!

いやー、それにしても安藤さんがうらやましい。

あと2回も小学校の卒業式で感動できるんだもの・・・

うちの下のバカ娘は、大学の卒業式を9月に延ばしてしまいました。

まあ、大学の卒業式には出ないし出ても感動なんかしないだろうな。

このバカ娘が中学卒業の時、PTA会長として挨拶をしたことを思い出しました。

生徒はみんな真剣に僕を見つめて聴いてくれていたのに、バカ娘だけがずっと下を向いてた。

なんか残念で脱力したものでした。

なにはともあれ、本当にご卒業おめでとうございました!!!

260ccの涙は貴重ですなあ。
Posted by 山陰のアニキ at 2010年03月28日 19:20
お嬢さんのご卒業おめでとうございます!

パパが、卒業式に泣いてらっしゃるところを
今まで見たことがなかった私は、正直とっても新鮮で、ぐっときました。
本当にそれだけ濃く深いかかわりをされたのですねぇ。

これからは、そんなパパが増えてくる予感と期待に胸がふくらみました。

ちなみに、うちはこの4月から高1娘・高3息子で、すっかり大きくなりました。

娘が小さい時、家族で庭の梅を収穫して、洗って拭いて、台所で一緒に漬けた梅酒の思い出を、一首詠んでみました。

「吾子七つ 並んで漬けし梅の酒 
        卒業の日を迎え 封切る」

あららら、まだ娘は未成年だよ!!!
Posted by 京都のなおこはん at 2010年03月29日 13:07
祝!
てるのさんのご卒業、おめでとうございます。

ブログを読んでいて、26歳になった娘の幼稚園、小学校、中学校、高校の卒業式を走馬灯のように思い出していました。

卒業式は、娘・息子の友だちを見ていても、涙が溢れてしまいますよね。
その子達は、今でも我家に集まります。みんなうちの子みたいな気分です。


ここからはかなり胸がきゅーーんとなりますよ。

実は3月27日は娘・紗也子の結婚式でした。

多少風は冷たかったものの、お陽さまが顔を出し、お天気の神様に感謝の日でした。
小さい頃から通った丘の上にある捜真バプテスト教会で、大勢のみなさまに見守られ、娘夫婦は新たな歩みを始めました。

牧師さまのお話は力強く胸に響き、moose夫は娘と腕を組み、一歩一歩バージンロードを!
世のお父さん!この日はいつかやってくるのですよ!

娘は思った以上にしっかりとしていて、にこやかな笑顔でした。
母親として一生心に残るうれしい一日でした。

そのうちグランドファザリングジャパンもできるかも!(夏にはグランパ&グランマになります)


Posted by 横浜mooseゆきこ at 2010年03月29日 14:09
安藤さん、てるのさんのご卒業、おめでとうございます。

感動的な卒業式だったんですね。

我が子の小学校の卒業式って、もうかれこれ10年前になるなぁ・・・。

娘は今年大学4年になるので、来年の3月は卒業式。これで我が子の卒業式は最後になるだろうな〜。

いいですね、安藤さん。これからもいっぱいあって!

今年度も鳥取でお待ちしてます。
Posted by 山陰のアニキの同級生 at 2010年03月30日 11:48
皆さん、心温まるエピソード付きのコメントをありがとうございます。

卒業式って、思い出深いですよね。
ボクも何年経っても覚えていたいと思います。

余話ですが、先日の卒業式とは別に行われた「謝恩会」で、娘がボクに手紙をくれました。

こんなことが書いてありました。

・・・・・・
「ありがとう」

12年前に私が生まれてからずっと育ててくれて、ありがとう。

大変なのにごはんを作ってこれたり、服を買ってくれたり、言葉に表せないくらい感謝しています。

また叱るときも私のために言ってくれているのに、反抗してしまってごめん。。

これから私は中学生になります。もっと迷惑かけることもあるかと思いますが、よろしくお願いします。

私も家のお手伝いなどをして、苦労を減らそうとがんばります。

パパ、ママ。ありがとう。これからもお仕事がんばってね。テルノより。
・・・・・・・

またまた涙、130cc増量でした〜(泣)。
Posted by 安藤パパ at 2010年03月31日 23:55
てるのちゃんご卒業おめでとうございます☆
夜分遅くにすみません。
本当に感動の卒業式だったんですね!
てるのちゃんの手紙を呼んで私もジーン…ときちゃいました。
素敵な卒業式の話しをありがとうございます。

今日から4月!
てるのちゃんもさとちゃんも新しい生活ですね☆
離れてしまいますが、安藤家を応援しています!
今年度も素敵な年になりますように…☆≡
Posted by りすぐみ at 2010年04月01日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。