2011年06月20日

シングルパパたちとアドボカシー・ロック!

326097224.jpg

きょうは厚労省へ行ってきました。

FJ会員で、NPO法人全国父子家庭支援連絡会(全父子連)の代表・片山パパから「また霞が関でロックするので一緒に!」という誘いが来たのです。

まず小宮山副大臣に面会し、政府への

「父子家庭支援(ひとり親支援)に関する要望書」

を手渡しました(写真)。

要望書は下記。全父子連とFJの連名です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内閣総理大臣  菅   直 人 殿
厚生労働大臣  細 川 律 夫 殿


父子家庭支援(ひとり親支援)に関する要望書

昨年、第174回国会にて、閣法29号「児童扶養手当法の一部を改正する法律案」は、衆参の委員会並びに本会議において全会一致で可決成立され、父子家庭にも手当支給が開始しました。これは、日本の父子家庭支援の歴史的な一歩と受け止めております。

しかし、この度の震災により死別父子世帯(ひとり親世帯)が増え、各方面が災害復興支援に着手しておりますが、依然、公的父子家庭支援制度は未整備です。

また、ひとり親世帯をはじめとする子どもの貧困問題は解消されず、多くのひとり親世帯の厳しく苦しい生活・就労状況などの声が私共にも届いております。ひとり親世帯の声を政治に届けるべく、以下の通り要望いたします。

          記

@ひとり親支援に関する大臣付けの諮問機関の設置
・日本のひとり親支援制度の見直し、支援制度拡充を目的とし、政治、行政、研究機関、NPO、市民が討議できる場を設置して頂きたい

A遺族基礎年金など各種遺族年金を父子世帯にも支給拡大

B東日本大震災における被災された父子家庭支援(急務:被災地限定)
・母子寡婦福祉資金貸付金の父子世帯への拡大
・高等技能訓練促進費事業の父子世帯への拡大
・特定就職困難者雇用開発助成金の父子世帯への拡大

以上

平成 23 年 6 月 20 日
NPO法人全国父子家庭支援連絡会 代表理事 片山知行
NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表理事 安藤哲也

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

@については副大臣から「超党派で勉強会などをやっていきましょう」との回答をいただきました。

ABについては、予想通りでしたが「震災対応や年金制度改革などの課題がまずあり、その中で今後の課題としたい」といったお答えでした。

これらの課題は、全父子連(シングルファザー)としては切実な問題です。

FJとしても、Bは被災地支援の一環だし、Aの遺族年金制度の改善は、ひとり親家庭だけの問題ではなく、いま両親で子育てする家庭への支援(セーフティーネット)としても大きな問題なのです。

なので、これからも全父子連のシングルパパたちと協働で、粘り強く国・行政に改善を求めてアドボカシーしていきます爆弾



posted by イクボスブログ at 17:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FJミッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。