2011年07月01日

被災地支援レポート(福島編U)〜To be with you

kashima_0025.JPG

昨日はFJで7度目の被災地支援。初めて南相馬市へ往きました。

5名で前夜23時に東京を出発。南相馬には翌朝5時過ぎに到着。しばらく車内で仮眠を取りました。

kashima0036.JPG
今日の活動はここ、鹿島小学校で。

元々、生徒数約200名ですが、近隣の被災した小学校・中学校がここに避難して開校しているため、教室の工面などが大変そうでした(中学校は体育館で授業)。

そして原発からの蓄積放射線量が高い状態が続いていて、この日も校庭の表土が0.888msv/h。子どもたちは校庭で遊べません。

そんな中、少しでもストレスを発散してもらおうと教室で絵本ライヴを開催しました本るんるん

kashima0013.JPG
まずは西村パパの『かっぱ♫』。
かっぱラッパの声に子どもたちの反応も上々でした。

kashima334709219.jpg
kashima0008.JPG
田中ヒゲ隊長が繰り出す爆笑絵本の数々に、、

kashima0020.JPG
机を叩いてウケまくる子どもたち。

kashima0007.JPG
名古屋から参加の横井パパも奮闘。家には赤ちゃんがいます。

kashima0004.JPG
ボクも『このすしなあに』で、キッズたちとコミュニケーション!

kashima0015.JPG
そしてラストはやっぱり『がらがらどん』。
沖縄から参加の玉那覇パパが絵本をめくってくれました。

kashima0055.jpg
さあ、everybody singin'!

感想を訊くと…

「おもしろかった〜」

全学年クラスからオファーがあったので合計6回というハードワークでしたが、多くの子どもたちのスマイルに出会えた充実のライヴでしたわーい(嬉しい顔)

kashima334852418.jpg
給食もご馳走になっちゃいました。
今日は牛丼でしたが、ちょっと前までおにぎりだけだったそうです。

ボクは6年生と一緒に食べましたが、津波で友だちを失った話にはホロリ。でも中学に行ってやりたいことなどいろいろ話してくれました。

話をしながら、この子たちの未来が希望に満ちたものになるよう大人たちはしっかりしないといけない。そう強く思いました。

To be with you また来るからな!

kashima334906621.jpg
終了後、校長室で校長先生やPTA会長さんと談話してると1年生のお手紙が届く。

「遠くから来てくれてありがとう」
「パパさんたちの笑顔がすてきでした」
「元気が出ました」など。

疲れも飛びました(^^



posted by イクボスブログ at 07:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。