2011年07月24日

Goodbye Daddy

昨日は、近江八幡市で講演中に「父親逝去」の報せ。

末期の咽頭がん。享年​82歳でした。

急ぎ出張先から戻り、実家近くの斎場に安置されてる父親の亡骸​と対面。

穏やかな顔でした。

最期の様子を聴いたら自宅のベッドで眠るように亡くなったらしく​、
がんの痛みで苦しまなかったんだ、と安心しました。

6年前から全盲になり、昨年からがんに冒された父を
日々介護・看​護してきた母に「お疲れ様でした」と伝えました。

そう、斎場にはヒロシ(10歳)を連れて行きました。
本人も行き​たがったし、「死」を学ぶ良い機会だと思ったからです。

霊安室で眠る祖父に一瞬たじろいでましたが、
「触ってごらん」と​言うと、冷たくなった顔を撫でて「おじいちゃん・・」。

一緒に焼香し、神妙な顔​で合掌してました。

父も「イクジイ」として最後の役割を果たしてくれたようです。

生前ずっと母親を苦しめた父を最期まで赦せなかったけど、
反面教師と​して僕にFJの仕事を授けてくれた父に感謝し、帰りました。

さよなら、親父。頼むから、あの世では笑っている父親でいてくれ。

posted by イクボスブログ at 09:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご愁傷さまです。心からお悔やみ申し上げます。とっても複雑なご心境でいらっしゃると想像します。反面教師として捉え、最期まで赦せなかった親御さんに、公のブログを使って感謝できることに、心震えました。そんなリーダーのもとで勉強させていただいたいることに誇りを持ちます。
Posted by 広島・山本 at 2011年07月25日 00:47
私の父親も下咽頭ガンで亡くなりました。咽頭ガンは初期段階での発見がとても難しいようですね。でもこうしてブログで書かれていることはお父様もお喜びになられているのではないでしょうか。
Posted by ベッドオタク at 2011年07月27日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック