2011年11月24日

パパの「保活」ダイジョーブ?

2011-11-24 10.09.53.jpg

来年度の保育園入園申請時期になりました。

自治体によって違いますが、だいたい11〜12月に申請をして、決定が2〜3月くらいですね。

ご存知の通り、都市部ではまだ保育園が足りず「待機児童問題」が相変わらずの継続テーマになっています。

わが家の子ども3人はみな保育園育ちですが、3人目のサトシ(現3歳10カ月)が1歳児入園(2月生れなので)のときに苦労。待機児童になりました。

その年もやはり希望者が多かったため審査に落ち認可園への入園が叶わず、妻は仕事復帰を延期し3ヶ月自宅で子育て。その後、自転車で20分かかる認証保育所に通い、その後自宅そばに新しい認証園が出来たので、そこにまた転園。(その頃の様子はこちら過去ブログに記載)その半年後の4月にようやく認可園(2歳児クラス)にまた転園し落ち着いた、という経験をしています。

で、いま通う認可園も3歳児までの保育しかないのでまた来春に、4〜5歳児保育もある園に転園せねばならず、これから申請書を書くことになっています。

まあ、4歳児入転園はそれほど難しくはないと思ってますが、やはりいまは不況もあって両親とも働きたい人も多いだろうから楽観はしていません。

そんな保育園への入園について、ボクはこれまでも妻と協働して自治体の窓口に行ったり、一緒に悩みながら「保活」し、もちろん入ったら終わりではなく、毎日の保育園の送迎や保護者会への出席、父母会の活動などもやってきました。

そういう「保活の苦難」や「楽しい保育園ライフ」を経験した父親が、ボクだけでなくFJで増えてきたのでこれから、

「パパのための保育園入園(保活)&ライフ相談事業」

を、FJの父親支援事業の一つとして始めたいと思います。

来春入園予定の子や孫がいる父親とイクジイ(祖父)を対象にして、保活の心得や実践、待機児童になった際の対応、ママの精神的なケアについてなどの相談を、メールで受け付けます。

保活中の悩みや課題はたくさんあります。

・保育園選び&申請

・「もし入れなかったらどうしよう?」という不安。それはママには「職場に復帰できるかどうか」ということで、パパはその精神的なケアが必要。

・入れなかった場合のシミュレーション。育休延長や夫婦での育休シェア。

・無認可園などの代替保育の探索  など。


また運よく入れた場合でも…

・入園までの準備

・入園後の送迎の役割

・子どもが体調を崩した時、呼び出された時の対応シミュレーション(夫婦間シェア)

・保育園の転園を考えている

・父母会活動  など。

ボクやFJパパたちの経験を活かして、悩めるパパ・ママの力になれたらと思います。

もし保活や、現在の保育園ライフに課題を抱えている方がいらしたら、
info@fathering.jp
までお気軽にメールにてご連絡ください。(電話、FAXは不可です)

ただし、メール相談をいただく方は、パパかジイに限らせていただきます(FJは父親支援のNPOなので)。

つまりママが問題を認識しているならそれをパパに相談して、パパがそれを主体的に整理し、メールをくださいますよう、よろしくお願いいたします!



posted by イクボスブログ at 10:58| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | FJ事業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみませんが、最初にイクメンという言葉を提起する人は安藤さんですか?教えていただけますか?すごく面白い言葉だと思います。
Posted by dsanyway at 2011年12月09日 17:07
よくそのように誤解されますが、「イクメン」は僕がではなく、大手広告代理店に勤めるパパたちが考えた言葉です。
Posted by 安藤パパ at 2011年12月09日 17:38
こんにちは!twitterでもお世話になってます。(kenjihamada0909)
ブログ拝見してます。
僕も今、仕事と子育て、家庭の両立の観点から自分のみならず少しでも同じような境遇のパパ・ママ等の支援ができるな活動ができればという事で活動を始めてます。

今後、また宜しくお願いいたします!
Posted by 浜田健史 at 2011年12月21日 09:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。