2012年01月27日

【FJ NEWS】2012/01/26号

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【FJ NEWS】2011/01/26号
   水曜日(不定期)発行(発行部数7,213部)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさま、こんにちは。
NPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤です。

2月に新刊を2点出します。

【1】『家族を笑顔を守ろう!パパの危機管理ハンドブック』(ホーム社)
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsdtt0vjlkae7657ouL

【2】『パパ一年生〜生まれてきてくれてありがとう』(かんき出版)
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsett0vjlkae7657bZg

【1】は震災後に、パパたちの防災や家庭の危機に対する意識が高まったことを
受けて書きました。(2/3発売)

【2】は「ファザーリング=父親であることを楽しむ」のノウハウを満載した
新米パパに読んでほしいパパ育児テキストの決定版。FJパパたちと一緒に
書きました。(2/20発売)

どちらもネット書店で予約が始まっていますが、、
FJ事務局でサイン本の購入受け付けを開始します。
ご希望の方は、事務局まで直接お申込みください。
(※商品発送時に郵便振替用紙を同封します)

ファザーリング・ジャパン事務局 書籍販売係
〒113-0021東京都文京区本駒込2-1-18-301
Tel: 03-6902-1694 Fax: 03-6902-1695
E-mail: gyoumu@fathering.jp


■INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥

[1]注目トピック
  〜「スーパーマイルド」ジャンボサイズをプレゼント!
[2]パパ首長サミットin 琵琶湖 2/19(日)開催!
[3]ファザーリング全国フォーラムinしが 締切迫る!1/31(水)まで
[4]タイガーマスク基金〜テレカ・プロジェクト〜大反響のご報告
[5]イクメンの本音 川柳コンテストがスタート!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
┏┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣╋╋■注目トピック
┣╋╋ FJ NEWS読者に、抽選でプレゼント!
┣╋ あの尾木ママも注目する「パパフロ」サポーター資生堂から、
┣╋「スーパーマイルド」ジャンボサイズをプレゼント!
┗┻┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

幼少期にパパフロをしていた女性の71.9%の女性が、「父親好き」である
という調査結果をご存知ですか?

資生堂「スーパーマイルド」パパフロ応援委員会が昨年実施した調査に
よると、幼少期にパパフロをしていた18歳以上の女性の7割以上が
「父親好き」とこたえており、また、9歳以降もパパフロをしていた
男女の約4割が「父親に仕事の相談をする」と答え、パパフロが親子の
距離を縮めていることが浮き彫りになっております。

パパ及びプレパパの方々、是非パパフロを活用して、親子の仲を更に
よくしてください!!
パパフロをサポートするおフロ遊びカードとオリジナルソングは下記
URLからご覧ください。
URL: http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsftt0vjlkae7657CGU

今回は、そんなパパフロを応援している資生堂から、「スーパーマイルド」
ジャンボサイズ (シャンプー&コンディショナー各1本セット)をプレゼント
致します。

★プレゼント内容
・「スーパーマイルド」ジャンボサイズ (シャンプー&コンディショナー各1本セット)

 を5名様にプレゼント!!

今回の応募条件は、パパおよびプレパパの方に限らせていただきます。
ご夫婦での育児にぜひお役立てください!!

ご希望の方は、メールに必要事項を記入の上、以下応募先まで送付ください。

・必要事項:(1)氏名
      (2)郵便番号、住所
(3)電話番号
      (4)会員No(会員の方のみ)
      (5)希望のプレゼント名
       (「スーパーマイルド」ジャンボサイズ)
      (6)父親が育児をすることについて期待することや、
        これまでのご自身の育児経験
・応募先: jinzai@fathering.jp
※件名に「【FJ NEWS】注目トピックプレゼント20120125」とご記入ください。
・応募締切:2012年2月2日(木)必着

【プレゼント当選】
プレゼントの発送をもって当選結果にかえさせていただきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■パパ首長サミットin 琵琶湖 2/19(日)開催!
 http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsgtt0vjlkae7657xzU
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
子育て、男女共同参画、ワーク・ライフ・バランス…
育休取得経験のリーダー(首長)たちが語る、これからの日本。
震災後の子育て支援、男女共同参画、ワーク・ライフ・バランス、
地域活性などの観点から、日本のどこをどう変えていけばいいのかを
皆で議論し、最後は「サミット提言」として発表したいと思います。

★パパ首長サミット
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rshtt0vjlkae7657a84
・日時:2012年2月19日(日)9:30-12:00
・会場:大津プリンスホテル コンベンションホール淡海1+2
・定員:200名(先着順)
・参加費:無料
・お申込みはこちらから↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsitt0vjlkae7657oHR

※取材のお申し込みは、
ファザーリング全国フォーラム事務局 forum@fathering.jp まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ファザーリング全国フォーラムinしが 受付締切迫る!1/31(水)!!
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsjtt0vjlkae7657iyN
【Facebookページ】 http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsktt0vjlkae7657KQr
【Twitterハッシュタグ】#fzf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
琵琶湖から発信!父親の笑顔、母親の笑顔、子どもの笑顔が社会を変える!

昨今のイクメンムーヴメントを背景に、父親支援の取組が一層進むよう、
全国から自治体の担当職員やNPO、企業、学校等の関係者に参加いただき、
父親支援の現状や方法について学んだり、次なるアクションのヒントを
提供したり、さらには連携のためのネットワーキングの場としてもらう
ことを目的に開催します。

受付締切は1月31日(水)!!
家族みんなで楽しめるイベントとなるような企画が盛りだくさん!
パパだけでなく、ご家族みんなでご参加ください!!

・日時:2012年2月17日(金)・18日(土)・19日(日)
1日目 9:30〜17:30 プレワークショップ、基調対談等
2日目 9:30〜18:30 12の分科会、ファザーリングカーニバル等
3日目 9:30〜12:00 パパ首長サミット、閉会式等
・会場:大津プリンスホテル(滋賀県大津市)
・対象:各自治体、関係機関対象職員、一般企業、開催趣旨に賛同
    するすべての方
・参加費:無料
・申込期間:2011年10月24日(月)〜2012年1月31日(火)
・問い合わせ先:TeL;077-528-3070

●申し込み先↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsltt0vjlkae76577z1

*団体でご参加の場合は、以下をダウンロードしてお申込みください。
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsmtt0vjlkae7657A4y

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイガーマスク基金〜テレカ・プロジェクト〜大反響のご報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
児童養護施設の子どもたちのサポートをするタイガーマスク基金では、
児童養護施設にテレホンカードを送る「テレカ・プロジェクト」を実施中。
全国紙の記事で紹介されたこともあり、1週間で2000通以上のテレカ
が届いています!
TwitterやFacebookを始め、皆さまにもプロジェクトの情報拡散にご協力
いただき、また実際に自宅に眠っていたテレカをお送りいただいた方も
いらっしゃり、本当にありがとうございます。

3月31日までテレカの寄付は受付けておりますので、引き続きご協力を
お願いいたします!

★タイガーマスク基金 テレカ・プロジェクト

・募集期間:2011年12月20日(火)〜2012年3月31日(土)
・募集物品:テレホンカード(未使用品/使用品でも残数があれば可)
・送り先 :NPO法人ファザーリング・ジャパン 
タイガーマスク基金事務局
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-1-18 芙蓉倶楽部301

*送料は送り主様のご負担でお願いいたします。
*寄付いただいたテレホンカードの取り扱い、寄贈先などはHPで公表
いたします。

【問い合わせ】タイガーマスク基金事務局 tiger@fathering.jp 

●詳細はこちら↓
 http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsntt0vjlkae7657dxJ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■タイガーマスク基金 給付審査会が終了いたしました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月18日(水)、タイガーマスク基金の給付審査会が終了いたしました
のでご報告いたします。
受給申請数は、(1)4年制大学進学を目指す児童養護施設退所児童が26名、
(2)児童養護施設の児童支援および退所児童の自立支援をする法人23件
となりました。

今後、児童本人については大学合格者全員に満額支給、大学合格通知
をもって3月末に通知・支給となります。法人に関しては1次審査を
通った法人に2次審査を行い、通知・支給という流れになります。

●給付事業について詳細はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsott0vjlkae7657BSI

●寄付は引き続き受付けております↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsptt0vjlkae7657TQ3
クレジットでの寄付も可能です。

この問題に、ぜひ継続的な関心と支援をお寄せください!

【問い合わせ】タイガーマスク基金事務局 tiger@fathering.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イクメンの本音 川柳コンテストがスタート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界34カ国で翻訳され、日本でも話題のパパ絵本『とっととおやすみ』の
発売記念として、FJと辰巳出版のコラボレーション企画として
【イクメンの本音 川柳コンテスト】を開催します!

現役のパパから育児にまつわる出来事や思いをテーマに川柳を募集いたします。
子育て中に感じたパパの本音を五七五の十七音にしてください!!

★応募方法や賞品などの詳細はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsqtt0vjlkae7657ZI9

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今後のFJ講演会・セミナー・イベント情報 (安藤出ます)
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsrtt0vjlkae7657oVK
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★伊奈町主催 子育て講演会
「父親であることを楽しもう!〜ファザーリングのすすめ」
・日時:2012年1月28日(土)13:30〜15:30 
・会場:伊奈町公民館
・対象:小・中学生の父親50名(※父親のみ)
・申込&問い合わせ先:伊奈町公民館 TeL;048-722-9112

★秦野市社会福祉協議会主催 子育て講演会
「パパの笑顔で地域も元気に!〜楽しい子育てのコツ教えます〜」
・日時:2012年1月29日(日)13:30〜15:30 
・会場:秦野市保健福祉センター 多目的ホール(3階)
・対象:秦野市民生児童委員他一般市民150名程度
・申込&問い合わせ先:秦野市社会福祉協議会 TeL;0463-84-7711

★品川区中原児童センター主催 パパズクラブ冬
「パパの笑顔が家族を幸せにする!〜ファザーリングのすすめ」(仮)
・日時:2012年2月4日(土)14:00〜16:00 
・会場:中原児童センター(品川区小山4-1)
・参加費:無料
・申込&問い合わせ先:中原児童センター TeL;03-3492-6119

★大分県&大分市共催 
「絵本の読み聞かせ&えほんうたライブwithおおいたパパくらぶ」
・日時:2012年2月5日(日)13:30〜16:00 
・出演者:にしむらなおと(えほんうた・あそびうた代表)、
安藤哲也(FJ代表)、おおいたパパくらぶ
・会場:大分市コンパルホール 3F多目的ホール
・参加費:無料
・申込&問い合わせ:大分県こども子育て支援課 TeL;097-506-2712

★名古屋市主催 ワーク・ライフ・バランス推進セミナー
「会社も社員も幸せに導くワーク・ライフ・バランス
〜仕事も子育てもあきらめない職場づくりとは?」
・日時:2012年2月10日(金)14:45〜16:00 
・会場:愛知県産業労働センター(ウインクあいち)小ホール
・対象:市民、企業経営者、人事担当者など150名
・参加費:無料
・申込&問い合わせ先:名古屋市役所市民経済局産業部労働企画室
TeL;052−972−3145・3146

★津市主催 津市男女共同参画フォーラム わあむ津
「めざせ!仕事と育児のハッピーバランス〜パパの笑顔が津市を変える」
・日時:2012年2月11日(土)13:00〜16:00 
・会場:津リージョンプラザ お城ホール
・参加費:無料
・申込&問い合わせ先:津市男女共同参画フォーラム実行委員会事務局
TeL;059-229-3103

★群馬県ぐんま男女共同参画センター主催 イクメン講演会
「父親が変われば、社会が変わる〜ファザーリングのすすめ」
・日時:2012年2月12日(日)13:30〜15:00 
・会場:ぐんま男女共同参画センター(前橋市大手町1-13-12)
・参加費:無料
・定員:80名 ※託児あり
・申込&問い合わせ先:ぐんま男女共同参画センター TeL;027-224-2211

※FJ代表・安藤の今年度〜来年度スケジュールはこちら(日々更新)
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsstt0vjlkae76570IX
24年度も講演・セミナー・絵本ライブなどのオファー絶賛受付中!
※FJでは代表以外のメンバーも講師派遣可能。お問い合わせください。
イクジイ講座のオーダーも増えてます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■FJ関連おすすめのセミナー、イベント、キャンペーン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★柏市男女共同参画シンポジウム実行委員会・柏市主催
(財)防衛施設周辺整備協会共催
「平成23年度男女共同参画シンポジウム」
・日時:2012年1月28日(土)
第1部 12:00〜14:15 企業表彰、講演会
第2部 14:45〜16:30 5つの分科会
・会場:アミュゼ柏
*手話通訳・要約筆記・保育あり

●申し込み方法&詳細はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsttt0vjlkae7657w7N
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsutt0vjlkae7657lKd

★ブックフェア「男の子育て〜ビジネスに活きる5つのメリット」
・開催期日:2012年1月17日(火)〜4月16日(月)
・会場:千代田区立日比谷図書文化館 2F図書フロア
   (千代田区日比谷公園1−4)
・趣旨:育児休業制度が変わるなど、男性の育児が社会的にも求めら
    れるようになってきた。また、一方で男性の育児参加は家庭
    生活のためだけでなく、仕事の上でもビジネススキルを高める
    とも言われている。ここでは育児に関心を持ち、育児に積極的
    に関わりたいと思っている男性を応援するさまざまな情報を紹介する。
・内容:日比谷図書文化館所蔵の図書・雑誌のほか国、都、区、
    各地方自治体、団体、NPO、企業等が発信している
    パンフレット・ポスター・ホームページなど、育児休業制度や、
    また男性が育児参加するビジネス上のメリットなどをふまえて紹介する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■子育てパパ力検定
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsvtt0vjlkae7657USu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★i-Phoneアプリも好評配信中!
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rswtt0vjlkae76577Sx

★出張パパ検定〜自治体、企業・労組の研修にご活用ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsxtt0vjlkae76575Jl

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■FJメディア掲載・出演 (実績&予定)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★NHK『視点・論点』に代表・安藤が出演します。
テーマは「“イクジイ”が社会を変える!」。
1/27(金)総合テレビ 朝 午前4:20〜4:30
再放送は、教育テレビ 同日 昼 午後0:50〜1:00

★メディア掲載・過去3年分の一覧です↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsytt0vjlkae76573Og

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■FJ賛助会員 募集中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ファザーリング・ジャパンでは個人と法人の賛助会員を募集中です。
詳しくは以下のページをご覧ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rsztt0vjlkae7657RvV

★FJにはこんなパパたちがいる!〜FJパパファイル(増量)
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rs0tt0vjlkae7667FFh

★法人会員ただいま20社↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rs1tt0vjlkae7667qfC

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
FJ NEWS編集部員の清水です!

私事ではありますが、一昨日は記念すべき3回目の年女Birthdayでした!

日本の伝統行事以外のイベント事はあまり気にしない私ですが、
誕生日だけは「別物」で、大切な人と一緒に祝いたい派です。
そんな私の希望を叶えるべく、ダンナ様は毎年手作りディナーで
一緒に祝ってくれていたのですが、今回に限っては仕事で午前様宣言!

結婚以来初の自分で作る誕生日ディナーに、少々キモチが沈んでいたのですが、
なんとその窮地を救ってくれたのは、3歳の娘でした。

「はっぴばーすでーつーゆー♪」と私に向かって一生懸命歌う姿に、
母の心は見事に復活を遂げました(笑)

毎年のダンナ様の手作りディナーもそうですが、娘の歌も、
「私を喜ばせたい」という気持ちの現れです。

相手を思いやればこその行動は、信頼とコミュニケーションの上に成り立ちます。
家庭でも、仕事でも、地域でも、社会でも、とても大切なことです。
私も忘れてはいけないな、と改めて娘に気づかされた誕生日でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
≪配信についてのおしらせ≫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…………‥‥‥‥
□メールマガジンの登録・配信先変更・配信停止はこちら↓
http://k.d.combzmail.jp/t/h8t8/b0rs2tt0vjlkae7667Xlk
(解除できない場合は、jinzai@fathering.jp まで)

※このメール【FJ NEWS】は、購読お申込みの方以外にも、これまで
にファザーリング・ジャパンに各種お問合せいただいた方、名刺交換
させていただいた方、セミナー、スクール等にご参加いただいた方、
およびFJの支援ネットワークの皆さまにお送りしています。

※本メルマガに関するご意見やお問い合わせは、jinzai@fathering.jp
まで、メールでお送りください。

posted by イクボスブログ at 10:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

『パパの危機管理ハンドブック』発売!

パパ危機カバー帯付.JPG

久しぶりに新刊書を出しますひらめき

『家族を笑顔を守ろう!パパの危機管理ハンドブック』 

発行 ホーム社/発売 集英社
定価1,155円(税込) 2012年2月3日発売

3.11の震災後に会うパパたちに「危機」に対する意識の高まりを感じ、それを受けて一気に書きました。

でも、家庭の危機は震災だけでない。

家庭内の子どもの事故や病気、自分の健康、雇用や経済的な危機、加えて家族関係(離婚)など、未だ起きてないけど、「いまそこにあって、誰にだっていつ起こるかもしれない危機」に対して予防をしてほしい。

有事ではなく、平時の心構えや行動が、危機の予防あるいは起きてしまったことのダメージを最小限にすることに繋がるのではないか、と僕は思います手(グー)

そのことをもっとパパたちに伝え、自ら考えたり、それぞれの家族で話し合ったりして欲しくて、FJ会員パパたちの声も聞きながら(パパのアンケートも興味深かったです)、書いたのでよかったらご一読くださいexclamation


本「まえがき」は以下です↓

はじめに

2011年3月11日の東日本大震災を機に、家族と自分をどう守っていくか、つまり、わが家の「危機管理」について、改めて考えたパパは多いだろう。

僕が代表理事を務めているNPO法人ファザーリング・ジャパンでも、2011年8月下旬〜9月に、メーリングリストに登録しているパパたちを対象にして、家庭の「危機管理」に関するアンケートを行った。

その際、「3.11大震災のあと、家庭の『危機管理』に関して、何かアクションを起こしましたか?」という質問に対して、「やっている」は約73パーセント、「やっていない」は約27パーセントという結果が出た。

10人パパがいれば、そのうちの7人は、なんらかのアクションを起こしているのだ。

この割合からだけでも、東日本大震災という未曾有の大災害、またそのあとの混乱が、パパたちにいかに強い危機意識をもたせたかが、見て取れる。

また、「やっていない」という回答をしたパパたちのコメントを詳しく見ていくと、けっして危機感が薄いとか無関心というわけではないことも、わかってくる(130ページ参照)。

むしろ、「3.11前と同様に継続しています」「特別なことはしていません。ただ、非常用グッズはいつでも取り出せるようにはしています」「3.11後に何か追加でするようなことはなかった。取り組んでいてよかった、と3.11に思った」など、ふだんから万一の災害を考えて、「危機管理」に取り組んでいる様子がうかがえた。

さて、高まる「危機管理」意識のなかで、パパはどう行動していけばいいのか?

本書では、妻と三人の子どもたち(現在、中学2年生の長女、小学5年生の長男、3歳の次男)と暮らしている僕自身の、家庭生活における「危機」に対する僕なりの考え方を述べるとともに、FJの会員パパたちの体験談やアンケート結果、「わが家の危険個所チェック」「防犯ポイント」「発熱・けがの応急処置」など、実用的なミニ知識も紹介していこう。

しかし僕は、この本をリスクヘッジ(危機回避・低減)のマニュアルにしてほしいわけではない。

本書は、あくまでもきっかけやヒントにすぎない。あなたとあなたの家族が安全に幸せに暮らすためには、どうすればいいのか。そのことを、あなた自身の頭で考えて行動していくための一助として、手に取ってもらいたい。

僕らFJが目指すのは、「いいパパをつくる」ことではなくて、「笑っているパパを増やそう!」ということだ。

今、世の中は「イクメン」ブームで、いいパパを目指し、完璧な子育てをしようとする父親が増えている。育児に積極的な父親が増えるのはとてもうれしいことだが、子育てにまじめに熱心に取り組むあまり、かえってそれが子どもの心身の成長の妨げになったり、夫婦の関係がギクシャクしたり、父親本人が「育児うつ」になったりといった、新たな危機も起こっている。

僕らがFJの活動を通して伝えているのは、肩の力を抜いて子育てをもっと楽しもう、ひとりの生活者として笑いながら生きていこう、ということ。

大きなことや立派なことでなくていい。

まずは、自分のことが自分でできる自立した大人であること。次に家事など自分の回りのことができること。そして、ママだけに頼らず、自分の子どもを自分の手で育てられる父親になること。

どれもあたりまえのことだが、ひとりの生活者としてのこういう基本的なことが、まだまだ危うい父親は多いように見える。残念ながら、僕がママ友からよく聞くグチは、「家族のなかで、夫の世話にいちばん手間がかかる」というものだ。

生活者としての基本ができて初めて、子育てのさまざまなスキルを身につけたり、前向きに地域の活動をしたり、本書のテーマである父親の立場からの「危機管理」といったことも可能になるのではないだろうか。

ほんの小さなことからでも父親が変われば、日本の家庭が、地域が、企業が変わる。そして子どもたちにかかわる犯罪や事件(虐待、育児放棄、誘拐、青少年犯罪など)の減少にもつながる。
僕らパパ自身の小さな自己変革の積み重ねが、ママや子どもたちを笑顔にし、社会を明るく安全な場所にするだろう。

僕らFJはそう信じて、社会にコミットし(かかわり合い)、ロックし(揺さぶり)続けるのだ。


<目次>
 
第1章 危機管理のために、パパが自分でできることは?
出張のしたく、自分でやってる?
仕事を失う危機に直面したら
職場で子育ての話をしよう
「ハッピー・ワーク・ライフ・バランス」を考えよう
僕のスケジュール管理術
子どもと過ごせる?
ヒヤッとした体験は、誰にでもある
僕の苦手な貯金の話
子どもへのお金の教育もパパの出番
「わが家の危険個所」を見直そう
「発熱・けが」などの応急処置
備えはOK?「子どもの急病、けが」
「笑っているパパ度(パパ力)」チェックシート

「マネーマネジメント度」チェックシート
ママの本音を聞いてみよう〈ビター編〉
ママがピンチ! おいしい看護食・産後食レシピ
「やってるつもりで、できてない?」チェックシート
家族で防災ミーティング
ママとのパートナーシップはOK?
仲直りはホテルのラウンジで
家族をマネジメントできるパパは、仕事も「できる」
愛されていることを、子どもに感じさせよう
子どもが悪いことをしたら
ママと子どもの間でクッションになれる?
パパ友・ママ友と力を貸し合おう
地域の力で危機管理
子どもに死をどう教えるか
社会問題は自分問題

第2章 家庭で地域で危機管理
パパのためのお役立ちデータ
ファザーリング・ジャパンとは
隣のパパはどうしてる?
「パパの危機管理」アンケート結果 Q1〜8
「パパの危機管理」記入シート
あとがきにかえて 

第3章 隣のパパの危機管理
171災害用伝言ダイヤルの使い方
夏のお出かけ対策は万全?(熱中症と水辺の事故)
暮らしを守ろう! わが家の防犯ポイント
ママの本音を聞いてみよう〈スウィート編〉
イクジイに聞きました
家族の笑顔を守ろう!  パパの危機管理ハンドブック

・・・・・・・・・・・・・
本書はすでに各ネット書店で予約が始まっていますが、、FJ事務局でサイン本の購入を受け付け中です。
ご希望の方は、下記事務局までメールやFAX、電話で直接お申込みください。(商品発送時に郵便振替用紙を同封します)

ファザーリング・ジャパン事務局 書籍販売係
Tel: 03-6902-1694 Fax: 03-6902-1695
E-mail: gyoumu@fathering.jp


posted by イクボスブログ at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

辰年 50'sパパのビジョン

2011-11-08 11.15.18.jpg

新しい年がやってきました。
そしてボクは今年でいよいよ50歳になりますexclamation

Fathering Japanも6年目に突入です。

FJではこれまでやってきた事業はもちろん継続ロックで活動していきますが、あえて今年の事業目標を掲げると・・・

@ファザーリング全国フォーラムの成功

A父親サークルのネットワーク「Fathering United」の強化

Bママプロジェクトの始動(3月〜)

Cイクジイプロジェクトの推進

D政策提言の強化


でしょうか。

個人的には2月に、新著 『家族の笑顔を守ろう!〜パパの危機管理ハンドブック』 という本を集英社(ホーム社)から発売します本

委嘱されている各種委員や、協力しているプロジェクトも引き続きコミットしていきます。

そして最近また、「新しいことがやりたくて」仕方ないんです爆弾

それがまだ何かは判明しないので、今年はFJだけでなく少し活動領域を拡げて(新NPOにも2つ参画)、アンテナを磨きたいと思ってます。

50歳に成る、本年もどうぞよろしくお願いします!!

2011-12-28 15.48.09.jpg
バンドも再開します♪

posted by イクボスブログ at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

いろいろ思う大晦日in兎年

2011-12-20 20.57.25.jpg

大晦日。1年の総括日です。

今年の元旦のブログに書いた「2011年の目標」を読み返してみると、達成できたこと、できなかったこと両方あります。

しかし今年は予想外・予定以外のことがいろいろ起きましたあせあせ(飛び散る汗)

3月、大震災。パパエイド募金を急きょ立上げ、被災地支援活動へ。

震災の影響で6月に予定していたファザーリング全国フォーラムの延期(2012年2月に開催)。

7月、父親の他界。10月、オフィス移転。11月、自宅引越し。

思い返しても慌ただしいライブな一年だったように思います。

「来年こそは、いい年にしたいよね。」

と、誰しもが年末によく言いますが、ここ数年「今年はいい年だったねー」という感想はあまりありません。

しかしながら「いろいろあって」も、個人的にはこうして家族が元気で新しい年を迎えられることを感謝したい。

そして来年(辰年)はもっと「いろいろあるかもしれない」けど、自分を見失わずに引き続きFJでロックな仕事をし、家族や仲間(パパ友・ママ友)たちとも楽しく暮らしたいな、と考える兎年の大晦日です(写真はFJ納会の1シーン)。

来年もよろしくお願いいたしますexclamation×2
(新年の抱負&ビジョンは次回ブログで)


posted by イクボスブログ at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

プレパパ注目!マイタウン出産フォーラム開催!

sympo3.jpg

講演で全国の自治体に行った際に最近よく尋ねるのが、「都会から里帰り出産で実家に帰ってくる女性で、そのまま戻らない人はいますか?」という質問。

これに対し、「いますね」という答えを多くの自治体の人からよく聞きます。

なぜだろう?産前1カ月→産後2〜3ヶ月で東京など現住所に戻るのが普通だが、実家は母親(おばあちゃん)がいるので産後の家事もやらなくていいし、育児もラクだろう。

それが東京に戻ったら夫と二人で育児をすることになるが、パパは育休取れないし、毎日仕事で忙しくて夜遅くならないと帰ってこない。

じゃあずっと赤ちゃんと二人っきり!?そんなの無理!!

と、ママが思ってしまうのも、致し方ないような気がする。

逆にパパだって、せっかく産まれたのに子どもとママと一緒にいられないのは切ないんじゃないか?

かくいう僕も第一子のときに妻が里帰り出産(富山)してしまい、週末は会いに行ってたが、日曜の夜に最終電車でひとり東京に戻るときはとても寂しかった思い出がある。

だから、2人目と3人目は東京で産んでもらって、実家のお義母さんに少し来てもらったが、僕も仕事を調整して休みをなるべく取って妻と赤ん坊の傍にいたし、上の子の保育園送迎などすべてやったもんなあ。

最初にも言ったが、いま「里帰り出産⇒そのまま離婚」が増えているらしいし、ちょっと調べたら、「里帰り出産」って日本では当たり前だけど海外(欧州など)ではやってない?らしい。

なのでFJのさんきゅーパパプロジェクトでは、産後の離婚が増加中の都会夫婦が安易にやってしまう里帰り出産を見直し、パパの産後育休を増やしたいと考えました。

いろいろ事情はあるだろうが、夫が育休を取り、産後を夫婦協働で乗り切れば親としての成長するし、パパだって赤ちゃんの世話をすれば父子の愛着が高まるだろうし、加えて夫婦の絆も強くなるはず。そしてその共通体験が、後の子育てや家庭生活を楽しいものにしてくれると確信するのです。

なのでFJでは、里帰りしないで自宅周辺で出産し、それをパパや地域がサポートすることを推奨します。

そのことをボクがTwitterで呟いたら、「うちもそうしました!」「実家の事情で帰れなかったけれどそれがかえって良かった。パパの意識も高まったみたい」というリアクションをいただき盛り上がりました。

そしてみなさんから「マイタウン出産」というネーミングも考えてもらい、この度、杉並区の子育てNPOと協働でフォーラムを開催することにしました!

このフォーラムではバースセンス研究所の大葉ナナコ所長による基調講演と、里帰り出産を選択しなかったママパパによるパネルトーク。育児情報誌『miku』とFJさんきゅープロジェクトから、「里帰り出産」に関するアンケート調査の結果発表もあります。

現在、マタニティで里帰り出産を考えているカップルや、この問題に関心のある方はどうぞご来場いただき一緒に考えてみませんか?

イベント
★「マイタウン出産フォーラム」―ママの出産、そのときパパは!?
家族で暮らす、地域で産む“マイタウン出産”(=地域出産)のススメ


◇日時: 2011年11月23日 (祝・水)14:00 〜18:00
◇会場: 杉並保健所講堂(杉並区荻窪5-20-1、JR/東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口から徒歩3分)
◇定員: 60人(申し込み順)
◇参加費: 500円 ※杉並子育て応援券利用可
◇参加お申込み: Webの申込フォームから
◇主催: NPO法人ファザーリング・ジャパン
◇協力: creo(くれお)
※一時保育あり(先着10人)お申し込み⇒ creo(くれお) Tel / Fax 03-3397-6884 info.creo0707@gmail.com

★関連記事
【産経新聞】「里に帰らぬ出産 夫や社会的支援を頼って 」

★FJからのお願い⇒プレパパおよび乳幼児のいる現役の父親の皆さん。
「里帰り出産」に関するアンケート調査にご協力ください!23日のフォーラムで結果を発表します!





posted by イクボスブログ at 21:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

事務所を移転しました!

2011-10-18 16.24.04.jpg

ファザーリングジャパン本部事務局は、

10/20(木)をもって下記新事務所に移転いたしましたひらめき(写真はオフィスが入るマンションの外観)

〒113-0021 文京区本駒込2-1-18-301
電話 03-6902-1694 FAX 03-6902-1695


今後、郵便・お電話・FAXはこちらまでお願いいたします。e-mailはそのままです。

6年前、たった14平米のワンルーム(旧事務所)からFJはスタートしました。

会員・仲間も増え、ようやく事業も回るようになりスタッフも増員。手狭になったので事務所をちょっと広いところに移すことにしました。

オフィスを変え心機一転リ・スタート。此処からまた父親支援の新しい歴史を刻んで行きますパンチ

今後とも、どうぞよろしくお願いいたしますexclamation×2

2011-10-20 17.45.52.jpg
引越しを終え、事務局スタッフと打ち上げ。お疲れさんビール
posted by イクボスブログ at 10:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

パパたちのHard Rock Day

昨日は、仕事がテンコ盛りの一日でした。

まず朝は、月一レギュラーのNHKラジオビタミンに出演のため渋谷へ。

その後11時から、震災分離家族ケアプロジェクトのプレス発表会で浜松町へ電車。数社の新聞社や雑誌社の記者さんが取材に来てくれました。(本日、毎日新聞に掲載→福島第1原発:母子だけで避難家族にNPOが交通費助成へ

終了後、今度はビストロパパ×FJ×東京ガス(FJ法人会員)の共同事業、「パパごはんの日プロジェクト」の記者発表会&パパ料理教室に出席のため銀座へ車(セダン)

会場の東京ガス・銀座キッチンスタジオには、20社を超えるメディアと関心の高いパパたちが仕事を休んで来てくれました!

2011-10-11 13.12.37.jpg
記者発表する滝村パパ(ビストロパパ)


2011-10-11 13.37.30.jpg
記念撮影カメラ 家族の笑顔のために共に頑張りましょう!

2011-10-11 14.36.10.jpg
ビストロパパの指導でクッキングにチャレンジするパパたち。ちょっと危なっかしいけど、楽しそうです。

2011-10-11 14.43.49.jpg
育休中のパパは子連れのため、FJパパが子守り役を。パパも懐かしがってました^^

2011-10-11 14.31.56.jpg
出来ましたレストラン

夕方は文京区へバックダッシュ(走り出すさま)。まず10/20に事務所移転があるため住民票や印鑑証明書を取りに区役所へ。

その後、隣接する文京区民センターでFJ主催の緊急フォーラム「パパが発信する“子どもの被ばく問題”〜パパ・ママ・家族は放射能とどう向き合えばいいのか?〜

2011-10-11 19.49.59.jpg
100名以上の男性(プレパパや乳幼児のいるパパ)が駆けつけてくれました。

原子力や放射能の専門家、議員、そして実際に福島から北海道へ家族ごと移住したFJ会員のパパや、横浜で子どもの内部被ばくを憂慮しながら子育てするパパにも登壇してもらい、その切実な実情と訴えを述べてもらいました。

2011-10-11 20.03.40.jpg
自分の子どものことを考えながら、熱心にメモを取りながら聴き入るパパたち。

また、IWJのU-Stream配信もあって多くの方が視ていてくれたようです。

フォーラムでは最後に、FJとして子どもの被ばく問題に関して「パパたちの意見書」をまとめて、政府や各政党に提言していくことを決めましたので、今後直ちに取り組んでいくつもりです!

夜
終了後は、スタッフや参加者(母子が沖縄に避難中のパパも)と居酒屋で懇親な打ち上げをビール

この日はFJメールのインシデントもあり(ご迷惑をおかけしました!)、疲れましたが気付きや学び、新たな出会いも多く、ロックな1日でもありました。

これほど朝から晩までビジーな日もそうそうなく心身ともにヘトヘトになりましたが、やはりいつものように家に帰って子どもの寝顔を見て癒されました。

今日からもすべては子どもたちの笑顔のために、FJのパパたちは活動を続けますパンチ

posted by イクボスブログ at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

父親支援事業のエビデンス〜社会生活基本調査

shakai_bana01.gif

10月に総務省が、平成23年社会生活基本調査を実施します。

社会生活基本調査は、1日の生活時間の配分と過去1年間における主な活動状況などを調査し、その結果は、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進、男女共同参画社会の形成、少子高齢化対策等の各種行政施策の基礎資料として利用されています。

ボクも講演で調査結果のデータをよく利用しますね。男性は特に論理性、エビデンス(根拠)を求めるので。

「男性の1日の育児家事時間」や「1週間の就業時間」「年次有給休暇の取得日数」「育児支援の利用の状況」など、社会生活基本調査のデータを示して他国と比較しながら、日本のパパの育児やWLBにおける現状の課題を浮き彫りにし、なぜいま父親支援が必要なのかについて話をします。

さて前回の平成18年社会生活基本調査は,ちょうどFJを設立した時期と同時期です。

この5年間FJでさまざまな事業を展開する中、育児に対する若い父親たちの意識は徐々に変化してきているのは肌で感じており、昨年は積極的に育児を行う父親「イクメン」がブレイクし、父親の子育て参画もようやく市民権を得た感じがしました。

一方で景気は低迷を続け、職場環境が改善されない中で、育児に関わりたくてもできずワークライフバランスに悩む父親たちも数多く見てきました。そして東日本大震災…。

今回の基本調査が、どういう結果になるのか注目しています。

男性の1日の育児家事時間は延びているのか?就業時間の理想と現実、健康状態、地域活動の状況など、きっとこれまでの5年の変化と今後5年で解決しなければならないこの国の課題が明らかになり、FJにとっても今後の活動の羅針盤にもなるでしょう。

なので,今回の調査についてはFJ会員のみならず、育児に積極的な父親たちに広く協力を求めます。

調査の時期や方法はこちらですが、対象世帯になった方はヨロシクお願いしますexclamation×2

posted by イクボスブログ at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

ムーミンの国から来た留学生

2011-09-07 10.37.54.jpg

先月からFJにフィンランド人の留学生が、インターンシップで来てます。

日本の育休制度の実態について研究中。これをテーマに大学の博士論文を書くそうです。

11月中旬までFJの事務所に通ってもらい、仕事に携わりいろいろ学んでもらいます。昨日もボクがやった企業セミナー(某外資系証券会社)にも同行。刺激的だったようです。

また日本のパパたちの日常的な育児も視てもらおうと思ってまして、既にFJ会員の子が通う保育園へ視察に行ったり、FJの父子家庭の家のホームパーティにも招待されたようですわーい(嬉しい顔)

そんな彼女には滞在中にブログを書いてもらってます。

『フィンランド留学生は見た! 日本のパパたちの育児ライフ』

FJのパパスクール視察記や、フィンランドのワークライフバランスや、育児事情(パパクオータ制)なども書いてくれて、こちらも勉強になりますひらめき

Twitterやfacebookで紹介したら、「リアルで面白い」「北欧の子育てやWLB事情がよく分かる」など好評を得てますので、どうぞ皆さんもときどきチェックしてみてくださいexclamation

posted by イクボスブログ at 11:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

Goodbye Daddy

昨日は、近江八幡市で講演中に「父親逝去」の報せ。

末期の咽頭がん。享年​82歳でした。

急ぎ出張先から戻り、実家近くの斎場に安置されてる父親の亡骸​と対面。

穏やかな顔でした。

最期の様子を聴いたら自宅のベッドで眠るように亡くなったらしく​、
がんの痛みで苦しまなかったんだ、と安心しました。

6年前から全盲になり、昨年からがんに冒された父を
日々介護・看​護してきた母に「お疲れ様でした」と伝えました。

そう、斎場にはヒロシ(10歳)を連れて行きました。
本人も行き​たがったし、「死」を学ぶ良い機会だと思ったからです。

霊安室で眠る祖父に一瞬たじろいでましたが、
「触ってごらん」と​言うと、冷たくなった顔を撫でて「おじいちゃん・・」。

一緒に焼香し、神妙な顔​で合掌してました。

父も「イクジイ」として最後の役割を果たしてくれたようです。

生前ずっと母親を苦しめた父を最期まで赦せなかったけど、
反面教師と​して僕にFJの仕事を授けてくれた父に感謝し、帰りました。

さよなら、親父。頼むから、あの世では笑っている父親でいてくれ。

posted by イクボスブログ at 09:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする